1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ガソリン価格が連続値上がり…少しでも消費抑える運転の仕方とは!?

消費税もアップし、家計も厳しい。その上ガソリン価格が値上がりするとお財布が寂しくなっていまいます。ガソリンを少しでも保つ方法を知っておくと節約になるので覚えておくとよさそう

更新日: 2014年07月02日

hiyoko39さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
152 お気に入り 85660 view
お気に入り追加

10週連続でガソリンが値上がりしています。6月30日、月曜日時点のレギュラーガソリンの全国の平均価格は1リットルあたり168円40銭と、前の週に比べて1円上昇し、10週連続の値上がりとなりました。

イラク情勢の緊迫化による原油高を受けて、元売り各社が卸価格を引き上げたのが要因。5年9カ月以来の高水準が続いている。

都道府県別に見ますと、高知県を除く46の都道府県で値上がりし、このうち上昇幅が最も大きかったのは石川県で2.8円、次いで、富山県で2.5円、新潟県で2.4円などとなっています。

◎ガソリン消費を抑えるポイントを知っておこう!

車を使わないわけにはいかない地方に住んでいる人は、なるべく節約したいですよね

地方では車を運転しないわけにもいかず、ガソリン価格の上昇に、困っている方も多いでしょう。

1、真夏のエアコンの使い方

灼熱の車内でどうしても必要になるカーエアコン。ですがやはりガソリンを食います・・・。

夏ドライブを思いっきり楽しみたいけれど、ガソリン価格の上昇で遠出に躊躇してしまう人も多いようです。近年、夏場はエアコンなしでは運転できません。

でも、エアコンをつけるとガソリンの減りが早いといった話を聞いたことがないでしょうか。確かにその話は本当です。エアコンのスイッチを入れると、通常より10~20%燃費が悪くなります。

▷最初は窓を開閉して空気を循環させておく!

暑い車内でエアコンをつけてもなかなか涼しくならないことってありませんか?

夏場の車内はとても暑くなります。猛暑日に窓を閉め切った車の車内温度は、40度超えしちゃいます。炎天下の場合、ダッシュボード部分は70度を超えることもあります。

そんな時に、エアコンをつけたとしてもすぐに温度は下がりません。そういった場合は、ドアを開閉したり、走り出しの時だけ窓を開けて走行するなどして、一度車内の熱気を外に出してください。これだけで、エアコンの涼しい風を早く感じることができるでしょう。

▷【ちょっとした裏技】

例えば運転席を開けておいて、左側後部座席のドアを数回開け閉めする。

どこか一カ所のドアを開けっぱなしにして、そのドアの対角線上のドアを数回開け閉めするだけ。これが効果テキメン! 約60℃あった車内の温度が、またたく間に外気温と同じ30℃台まで下がったのだ。

▷エアコンは「内気循環」モードを使用する

こういったマークが必ず付いています。夏場は内気循環モードでエアコンを使いましょう

エアコンの操作パネルには、必ず「内気循環」と「外気導入」がありますね。 内気循環は外気を遮断し、車内の空気だけを循環させるものです。 外気導入は外気を取り入れて、車内の空気を入れ替えるものです。

夏場、カーエアコンを使う時には「内気循環」で使用してください。車内で一度エアコンによって冷やされた空気をさらに冷やすので、涼しい状態が続きます。

2、サンシェードを利用して車内温度上昇を事前に抑える

駐車してガンガンクーラーを使うとバッテリーに負担がかかるだけでなく放っておくと冷却水の水温が上がりオーバーヒートを起こす原因にもなります。

基本中の基本は、サンシェードなどによって直射日光をやわらげること。サンシェードをするかしないかでは車内の温度が15度程度違います。

室内温度が低いため、エアコンの効きも当然速いです。ちなみに、サンシェードを購入する際は、表面が光を反射しやすい色(白や銀色)で厚みのあるモノがより効果的

3、人気サイトで低価格なスタンドを調べておく

全国各地の安値のスタンドを調べることができる便利なサイトがあります。

おススメなのが、「gogo.gs」というサイトです。このサイトでは、全国のガソリン価格が、口コミによって投稿されています。なので、自宅近くのガソリンスタンドを調べてみて、最も安かったところで給油するようにしてください。

1 2





hiyoko39さん

気になったことをまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう