1. まとめトップ

天皇家について知っておこう!天皇家と安倍晋三と麻生太郎が親戚関係の事実!私物化された独裁国家

天皇家は、徳川家と結合した後に現代では、安倍晋三首相と、麻生太郎副首相と親戚関係にあるという事実が明らかになっています。家系図をみると、日本の貴族社会というものが良く分かって面白いですね。一つの知識として知っておいてもよいでしょう。

更新日: 2019年06月29日

9 お気に入り 266326 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

日本の象徴とされる天皇家

皇室は、天皇を中心として「日本の象徴」であると憲法で定められています。

戦前の天皇家が株式、国債、土地などの資産を持っていたことはよく知られているが、財閥解体時の資料を基に天皇財閥は4大財閥の10倍程度の規模があったという。

戦前の天皇は国家元首で統治者、軍隊の最高司令者であったが、同時に日本最大、世界でも有数の資産家であった

天皇家が保有していた株式は、日本銀行、横浜正金銀行、朝鮮銀行、台湾銀行、南満州鉄道、日本郵船、東京電燈、帝国ホテルなど。天皇家は日本最大の金融王であり、地主でもあった。

天皇家と総理大臣・副総理大臣の癒着

天皇家と政治家が家系図で繋がっている事が分かります。安倍晋三さん、麻生太郎さんも天皇家と縁戚関係です。

この3名、縁戚同士なんですね。事実上、日本の支配者となっているわけです。

黒田慶樹さんは、都庁職員で一般人とされていましたが、実は麻生太郎さんと同じ大久保利通の家系でした。大久保利通の家系のエリートとして黒田慶樹さんは、皇室と結合しました。

日本の総理大臣の多くが縁戚関係にありました。

知ってた?官房機密費の使い道

官房機密費については、刑務所に入った鈴木宗男氏の証言、野中広務氏の証言があり、どちらも内閣の中枢にいたので信憑性が高いです。

(鈴木宗男氏の証言:)前例踏襲で支払われていたのは、たとえば、中曽根康弘、竹下登、橋本龍太郎、宮沢喜一など総理大臣経験者には、盆暮れには1000万円を官房長官が持っていく。

(野中広務氏)自身が官房長官だったときの話を中心に、「言論活動で立派な評論をしている人たちのところに盆暮れ500万円ずつ届けることのむなしさ」などと明かす

麻生太郎さんの貴族家系図

麻生太郎さんは、大久保利通の子孫であり、貴族の近衛文麿の家系でもあり、天皇家と縁戚にあたるスーパー貴族です。庶民の気持ちなど分かるはずないのは仕方ないですわ・・・・。

良く知られているように、麻生氏自身は、あの大久保利通や吉田茂・元首相の血を受け継ぎ、鈴木善幸・元首相の娘と結婚した。実妹の信子氏は、ヒゲの殿下、三笠宮寛仁(ともひと)と結婚し、皇室と姻戚関係にある。近衞文麿・元首相や細川護熙・元首相とも姻戚関係にある。。。

ヒゲの殿下として有名な 三笠宮寛仁(ともひと)親王の妃、信子 は 吉田茂 の娘 和子 の娘で 麻生太郎 の兄弟。

安倍晋三さんを取り巻く家系図

森永財閥のお嬢様と安倍晋三さんが結婚しています。

ダイエーの中内功の息子と天皇家の家系が結合している事が分かります。

家系図が凄い繋がっていて、凄い癒着関係があることが分かります。

多くの政界人が同じ家系図の中から排出されている事が分かります。

◆小和田雅子さんの貴族家系

高祖父:道蔵匡利 - 越後国村上藩藩士、1874年〈明治7年〉没
高祖父:山屋勝寿 - 南部藩(盛岡藩)藩士
高祖父:与三郎房忠 - 尾張藩藩士、鶴岡八幡宮宮司、気多大社宮司、寒川神社宮司
曾祖父:江頭安太郎 - 功三級・海軍中将、海軍省軍務局長
曾祖父:山屋他人 - 東宮御用掛、大日本帝国海軍海軍大将、横須賀鎮守府司令長官[84]
祖父:江頭豊 - チッソ会長、日本興業銀行(現:みずほ銀行)役員、海城学園名誉学園長
祖父:毅夫 - 小千谷女子高校校長、高田高等学校校長[84]、高田市教育委員長
父:恆 - 国際司法裁判所判事・第22代同所長、外交官・国連大使、外務事務次官、財団法人日本国際問題研究所理事長
母:優美子 - 日本ユニセフ協会評議員、エールフランス極東局秘書官
妹:礼子(マドレーヌ) - 国際公務員(国際連合難民高等弁務官事務所、国連児童基金、国連本部、ユニセフ駐日事務所所員)。ニューヨーク州弁護士・池田祐久夫人
妹:節子(マリー) - 翻訳家・文化人類学者、東京大学講師、国際基督教大学講師、早稲田大学講師。星槎大学元教授。[注釈 3]
伯父:顯 - 漢文学者、ロンドン大学助教授、ロンドン日本語学校校長、専修大学教授[84]
叔父:隆 - トヨタ自動車顧問弁護士、日本医科大学理事、資生堂学園監事。結婚後、鎌田家に養子入り
叔父:統 - 国土交通省大臣官房審議官、海上技術安全局船員部長、海上保安庁次長、瑞宝中綬章受章
叔父:亮 - 運輸省港湾局計画課・港湾計画審議官、国土交通省港湾技術研究所所長、港湾空港技術研究所理事長
従伯父:江藤淳 - 優美子の実兄の子。文芸評論家、プリンストン大学教授、東京工業大学教授、慶応義塾大学教授[84]
大伯父:太郎 - 皇族付武官(伏見宮博恭王)、海軍大佐
大伯母:初子 - 東伏見宮御用取扱、岩下保太郎海軍少将夫人

後藤象二郎(土佐藩出身)の家系図

1 2