1. まとめトップ

3Dプリンターで作る製品・設計データのマーケットプレイス(販売サイト)まとめ

話題の3Dプリンターで作る製品・設計データのマーケットプレイス(販売サイト)をまとめました。日本でも製品をマーケットプレイス(販売サイト)で販売することができるようになりました。今後、さらに3Dプリンターで作られた製品が身近になっていくでしょう。随時、更新していきたいと思います。

更新日: 2014年09月14日

3 お気に入り 5244 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

maina625さん

▼国内のマーケットプレイス(販売サイト)

誰でも自分のアイデアを形にでき、誰でもショップオーナーになれる。
日本発のデジタルものづくりマーケットとDプリントサービスです。

https://www.rinkak.com/

rinkakは、新しい「ものづくりマーケット」機能を提供するサービス。高性能な3Dプリンターなどを利用することで、精度の高い立体物をオーダーに基づいて1個単位でその都度製造して販売する。

rinkakでは、3Dデータをサーバーにアップロードした上で、3Dプリンターを持つ業者に造形物の製造を委託したり、出来上がった造形物を消費者に販売したりすることが可能

3Dモデルデータを持っているクリエイターは、同サービスにモデルデータを登録しておくだけで、製造設備を持たずに製品を製造し、同サービスを通じて販売できる。

3Dプリントサービス「DMM3Dプリント」は、自分で作成した3D CADデータをアップロードすると、DMMが高性能のプリンターでモノを製造してくれるというサービスです。
当初は出力代行サービスのみでしたが、マーケットプレイスの機能であるクリエイターズマーケットをリリース。クリエーターが3Dデータを出品することで、造形物を販売することができます。

http://make.dmm.com/

3Dプリンタ向けの高精細な3Dデータ販売サイトです。

http://sharedmesh.com/

▼海外のマーケットプレイス(販売サイト)

シェイプウェイズはニューヨークを拠点とする3Dプリントサービスでアメリカとオランダに工場を持っています。
3Dプリンターで作られた製品の売買や3D設計データの販売、設計データの出力代行ができます。

http://www.shapeways.com/

ユーザーはウェブサイトを通じて3Dプリントを1個から依頼することができます。製造されたオブジェクトは約2週間ほどで発送されてきます。

世界中どこからでも製造を依頼することができ、格安で利用することができます。3Dプリンターを持たなくても高品質の3Dプリントが行えます。

3Dモデルを作成するためのアプリがサイトで公開されていて、CADの知識がない人でも簡単にデータを作成することが出来るようになっています。アプリを使って作成したデータはシェイプウェイズに送ることで3Dプリントして受け取ることもできます。

自分で3Dデータを作成することが出来れば(アプリを使ってでも)、ショップを開いて販売することができます。

3Dデータを直接販売できる高品質な3Dデータのマーケットプレイス。
3Dデータを作成・投稿したユーザーに対して売値などの価格交渉ができる機能があります。

http://www.cgtrader.com/

「CGTrader」が提供するサービスは、3Dデータと3Dプリントに関する全てのサービスが含まれると言っていい。

ユーザーは気に入ったデザイナーや仕事を依頼したいデザイナーに注文設計を依頼することもできる。

ブラジルでオープンした新しい3Dプリントのマーケットプレイス。

3DVIXはオンラインから3Dプリントができるサービスを提供。

利用できる素材はプラスチック、フルカラー、金属の3種類。注文すると世界中に発送してくれます。

http://3dvix.com/

Amazonの3Dプリントしたアイテムを購入・販売できるマーケットプレイス。
このマーケットプレイスでは既に完成している3Dプリント商品の購入と、元となるデザインに対してカスタマイズし、自分だけのオリジナル商品の購入の2つを行う事ができます。

インドユーザーを中心的ターゲットとして開設されたマーケットプレイスです。

http://www.solidry.com/

ユーザーは3Dプリンターで作成する製品をカスタマイズしてその3Dデータを購入でき、また3Dデータが作成できるクリエイターは、自分のオリジナル作品を販売することができる。
kwamb.ioのベータ版が2014年10月にリリース予定。


http://kwamb.io/#presskit

▼その他の3Dプリンターサービス

1 2