1. まとめトップ

知られざるインダストリアル・ミュージックの世界

現在では一つの音楽ジャンルとして確立されているインダストリアル。それは黎明期のスロッビング・グリッスルから出発して、多様な分岐、異種交配を繰り返してきた。あらためてその歴史を概観する。※随時更新していきます。

更新日: 2019年05月23日

10 お気に入り 12543 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

spellboundさん

Throbbing Gristle

1975年、パフォーマンス・アート集団COUM Transmissions(クーム・トランスミッションズ)を母体に結成。テープ・コラージュによる電子ノイズの呪術的効果、過激なライブ・パフォーマンスと情報戦略。77年に「INDUSTRIAL MUSIC FOR INDUSTRIAL PEOPLE」というスローガンを打ち出した、インダストリアルのオリジネイター。

SPK

1978年にシドニーの精神病院で看護師として勤務していたグレアム・レベルとその患者であったニール・ヒルによって結成された。グレアム渡英後の81年に1stアルバム「Information Overload Unit」をリリース。毀誉褒貶があるキャリアの中でも、初期シングルに見られる凶悪なノイズと病理イメージの洪水は他の追随を許さない。

Cabaret Voltaire

キャバレー・ヴォルテールは1973年にイギリスのシェフィールドで結成された。通称キャブス。79年に「Mix-Up」をリリース。呪術的ビートにテープ・コラージュ、極端に歪んだギター、ヴォイスなど、ノイズ/インダストリアルの音響的側面にいち早く注目し、それを推し進めた。

Coil

元TGのピーター・クリストファーソンがサイキックTVを経てジョン・バランスと1982年に結成。インダストリアルから出発してネオ・フォーク、ダーク・アンビエント、ドローンなど様々なジャンルを取り込み、テクノロジーのより内的でエクスペリメンタルな側面を追求していった。

Einstürzende Neubauten

アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンは1980年、西ベルリンでブリクサ・バーゲルトを中心に結成された。バンド名は「崩壊する新しい建築」の意味。81年、1stアルバム「Kollaps」をリリース。廃材の金属を皮切りに、削岩機、ハンマー、チェインソー、グラインダーなど、非音楽的な楽器を用いて詩的ともいえる情念を炸裂させた。

Test Dept

81年、ロンドンのニュー・クロスでアリスター・アダムスを中心に結成。84年に「Beating The Retreat 」をリリース。ノイバウテンやSPKのメタル・パーカッションを、より組織化かつ先鋭化させたサウンドを展開。グループのパフォーマンスは「ミニストリー・オブ・パワー」と命名されるおよそ60人体制の演劇、舞踏などを含む総合芸術に発展する。

D.A.F.

1978年、デュッセルドルフでロベルト・ゲアルとガビ・デルガド=ロペスを中心に結成。インダストリアルとのクロスオーバーとして決定的だったEBM。その嚆矢といえば彼ら。2ndアルバム「Die Kleinen und die Bösen」で導入された、ハンマービートを軸に据えたエレクトロパンクは多くのフォロワーを生んだ。

Current 93

初期サイキックTVや23スキドゥーに在籍し、アレイスター・クロウリーに傾倒していたデヴィッド・チベットを中心に82年に結成。ポスト・インダストリアル/リチュアル・ノイズからアポカリプティック・フォークへのシフトチェンジを図ったアーティストの中でも圧倒的な存在感を放ちつづけている。

Depeche Mode

1980年結成。初期のシンセポップから徐々に作品の深みは増してゆき、83年の3rdアルバム「Construction Time Again」でサンプラーを導入。金属音の使用など、インダストリアルなアプローチを試みた。ダークでドラマティックなサウンドが後のインダストリアル・ロックに与えた影響は計り知れない。

Nine Inch Nails

1980年、オハイオ州クリーブランドでトレント・レズナーを中心に結成。ミニストリー以降隆盛を極めるインダストリアル・ロックの中でも、事実上トレントのソロ・プロジェクトとして、彼の世界観の色濃く反映されたダイナミックかつ緻密な作品は、他と一線を画す圧倒的なトータリティーに彩られている。

1 2 3