1. まとめトップ

元SMAP「森 且行」実はだらしない最低男だった!?

1996年5月にオートレース選手に転身する為、SMAPを脱退し芸能界からも引退した森且行選手。そのまま芸能界に残り続けていれば、ある程度好き放題できる生活があったはず。しかし、オートレース1本に勝負を賭けた森選手。そういう強い信念を持った生き方に着目してみましたが

更新日: 2019年02月20日

5 お気に入り 112982 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kcookingkさん

人物

生年月日:1974年2月19日
身長:178cm
出身地:東京都
業種:レーサー(バイク)
関連サイト:
http://autorace.jp/netstadium/Profile/2529

"且行"という名前の由来

川口第2回SS王座・伊勢崎第13回日本選手権のSG2冠を獲得した、且元滋紀(かつもとしげのり)
にちなんで名付けられている。

ヒストリー

左から森 且行、香取慎吾、中居正広、稲垣吾郎、
木村拓也、下段 草彅 剛

▼中学時代、兄とともにジャニーズ事務所のファンクラブ「ジャニーズ・ファミリー・クラブ」
へ履歴書を持参して直接出向き、頼み込んだ結果、2人揃ってジャニーズ事務所入りを果たし、
ジャニーズJr.となる。

▼1987年11月、SMAPの前身の男性アイドルグループであるスケートボーイズの一員になり、
1988年4月、SMAP結成。

▼1989年『ツヨシしっかりしなさい』で連続ドラマ初主演を務める。SMAPのメンバーでは
初の連続ドラマ主演となった。

▼1991年SMAPとして9月9日にCDデビューを果たす。

▼1996年5月いっぱいでオートレース選手に転身する為、SMAPを脱退。同時にジャニーズ
事務所も退社して、芸能界からも引退した。

▼2000年後期にオートレース最上位のS級にランクされる。

▼2005年から一時期A級に陥落したが、2006年後期にS級復帰し、それ以降はS級を維持して
いる。

▼2008年は6月に腰の手術をしながらも好調を維持し、賞金ランキング10位(45,640,500円)。
優出15回・優勝5回を筆頭に初の川口オート1位、スーパースター王座決定戦出場を決めた。

▼2013年、スポーツウエアブランドKappaのブランドアンバサダーに就任した。

レーサーとしての活動状況

▼1996年8月25日:走行訓練中に金網に激突し、左股関節脱臼骨折の重傷。東京医科大学病院
にて手術を受け、入院・リハビリを行う。

▼1997年春:負傷により同期生に数ヶ月遅れて養成所を卒業。指導員に広瀬登喜夫が就いた。

▼1997年7月6日:デビュー戦を1着で飾る。同年、日刊三賞・特別賞受賞。

▼1998年4月14日:25期生の新人王決定戦で優勝。

▼1998年:オートレース選手の森且行としてポカリスエットのCMに出演。

▼2001年:オートレース選手の森且行としてユニクロのCMに出演。

▼2003年10月4日:念願のグレードレース若獅子杯 (GII) で優勝。

▼2004年3月21日:SG(グレードレース最高峰)第17回全日本選抜オートレースで初優出
(5着)。

▼2005年7月28日 - 31日:鈴鹿8時間耐久ロードレースでオートレース・ハルクプロ監督を
務め、青木治親・安田毅史ペアが総合3位。クラス優勝した。

▼2007年4月:平成19年度のオートレースイメージキャラクターに選ばれ同CMに出演。

▼2007年4月15日 - 18日:川口オートレース場の開催で、自身初の完全優勝を達成。優勝戦は
雨コースでの勝利であった(雨の路面では抜群の強さをみせる)。

▼2008年度後期適用ランク(平成20年1 - 6月の結果を基に算出)で全国14位となり、初めて
川口オートレース場で1位となった。

▼2008年12月9日:5年ぶりとなるGII優勝(西日本鉄道 GII第4回オーバルチャンピオン
カップ)

▼2009年1月28日:初のGI優勝(川口オート第57回GI開設記念グランプリレース)

▼2009年度前期適用ランク(平成20年7月 - 12月の結果を基に算出)で全国5位となり、2期
連続で川口オートレース場1位となった。

レーサーへの決意

「ファンのみなさん、本当に8年間、SMAPでやってこれたのは、
ファンのおかげだと思います。(中略)今まで身につけてきたことを
無駄にはしません。必ず、必ずトップに立って頑張っていきたいと
思います。どうもありがとうございました」

1996年ゴールデン枠で初のレギュラー『SMAP×SMAP』(フジテレビ系/現在放送中)が
スタートした2ヶ月後に引退。ラストライブでは森がセレクトしたメドレーを披露し、
最後の『BEST FRIEND』ではメンバーが涙した。特に中居は号泣して挨拶もできない
くらいに泣いていた。

「当時年齢制限があって、23歳で試験を受けないといけない
っていう。それが僕にとってのラストチャンスだったんです」

とステージを去った理由を語っている。華麗な転身を遂げたように見えたが、待ち構えて
いたのは順風満帆な選手生活ではなかった。

事故からの復帰

「もう全力疾走はできないかもしれない」

養成訓練の2ヶ月目にフェンスに激突。股関節脱臼骨折という全治6ヶ月の重症を負い、
医師からはこのように告げられたそうだ。

「もう全力疾走はできないかもしれない。でもバイクなら
全力で走れる」

と試練を乗り越え、森はデビュー戦で勝利を勝ち取る。ブランドのPRかと思いきやオート
レーサーとしての半生を振り返る感動的な映像で何倍も驚いた。

2012年1月15日には船橋オートレース場で、
レーサーの坂井宏朱さん(27)が練習中に転倒
しフェンスに激突。頭を強く打つなどして亡くなる
という事故も起きている。

「日本一になる」別れた仲間との約束

森は2013年からスポーツブランド「Kappa」のブランドアンバサダーに就任。YouTubeには
『Kappa × オートレーサー森且行 「ゼロからの挑戦」』と題して、彼が出演する動画がアップ
されている。

SMAP脱退時

中居正広の話

2014年4月17日「ナカイの窓」(日本テレビ系)で元SMAPのメンバー・現在オートレース
選手の森且行がSMAPを脱退した時のエピソードを語った。

「待ってよってなるよー。ちょうどスマスマ(SMAP×SMAP)
が始まって、よーし、やっとSMAPが8年9年して、はじめて
ゴールデン番組だつって、だから(森くんも)2か月出てたのよ、
スマスマに」

と、当時の様子を語った。

中居によると、森とジャニーズの契約が切れる5月31日には、
ドラマの収録など多くの仕事を抱えていたSMAPメンバーが、
忙しい間をぬって森の自宅に集結。

5月31日から6月1日に日付が変わり、森が一般人になった
瞬間に「おめでとう」と、森を祝福したのだという。

また、そのとき森は芸能界への未練を断ち切るためか、
「オレもう髪の毛いらないから」と唐突に切り出し、バリカンを
持ってきて「みんなで切って」とお願いしたそうだ。

メンバー5人は、急遽、風呂場で断髪式を行い、森はオートレーサーになっていった。

"元SMAP"

肩書き

何をしても「元・SMAP」という肩書きがついてまわるけど、活躍の場が変わっても
オートレーサー森且行は堂々たる輝きを放っている。ジャニーズの、それもトップ
アイドルの座を手放して、別の世界で名を馳せるのはとても珍しいケースだ。

鈴鹿8時間耐久ロードレース 総合3位入賞の
オートレースTEAM HARC-PROの森且行監督と
青木治親選手。

FNS27時間テレビ

1 2 3