▼1996年8月25日:走行訓練中に金網に激突し、左股関節脱臼骨折の重傷。東京医科大学病院
にて手術を受け、入院・リハビリを行う。

▼1997年春:負傷により同期生に数ヶ月遅れて養成所を卒業。指導員に広瀬登喜夫が就いた。

▼1997年7月6日:デビュー戦を1着で飾る。同年、日刊三賞・特別賞受賞。

▼1998年4月14日:25期生の新人王決定戦で優勝。

▼1998年:オートレース選手の森且行としてポカリスエットのCMに出演。

▼2001年:オートレース選手の森且行としてユニクロのCMに出演。

▼2003年10月4日:念願のグレードレース若獅子杯 (GII) で優勝。

▼2004年3月21日:SG(グレードレース最高峰)第17回全日本選抜オートレースで初優出
(5着)。

▼2005年7月28日 - 31日:鈴鹿8時間耐久ロードレースでオートレース・ハルクプロ監督を
務め、青木治親・安田毅史ペアが総合3位。クラス優勝した。

▼2007年4月:平成19年度のオートレースイメージキャラクターに選ばれ同CMに出演。

▼2007年4月15日 - 18日:川口オートレース場の開催で、自身初の完全優勝を達成。優勝戦は
雨コースでの勝利であった(雨の路面では抜群の強さをみせる)。

▼2008年度後期適用ランク(平成20年1 - 6月の結果を基に算出)で全国14位となり、初めて
川口オートレース場で1位となった。

▼2008年12月9日:5年ぶりとなるGII優勝(西日本鉄道 GII第4回オーバルチャンピオン
カップ)

▼2009年1月28日:初のGI優勝(川口オート第57回GI開設記念グランプリレース)

▼2009年度前期適用ランク(平成20年7月 - 12月の結果を基に算出)で全国5位となり、2期
連続で川口オートレース場1位となった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

元SMAP「森 且行」実はだらしない最低男だった!?

1996年5月にオートレース選手に転身する為、SMAPを脱退し芸能界からも引退した森且行選手。そのまま芸能界に残り続けていれば、ある程度好き放題できる生活があったはず。しかし、オートレース1本に勝負を賭けた森選手。そういう強い信念を持った生き方に着目してみましたが

このまとめを見る