1. まとめトップ

今、離婚するべき?【離婚の前に確認したい項目とは・・・】

離婚にはタイミングの見極めが必要です。ただ感情に任せて離婚を切り出してしまっては、離婚後の生活に大きな影響を及ぼすことがあるんです。「今、離婚するべき?離婚の前に確認したい項目」では、離婚を切り出す前に考えておきたい、また準備しておきたい項目をピックアップし、情報をまとめています。

更新日: 2015年12月18日

7 お気に入り 18725 view
お気に入り追加

離婚は準備が必要?

「離婚さえすればなんとかなる。」は間違いです。離婚の状況にもよりますが、子供を持っての離婚は、離婚届を出すだけでは終われない、さまざまな手続きが存在すること知っていますか?離婚後の生活を考えれば、経済的に自立するために必要な職を見つけることや住居、子供のことなど、調べて動いておくべきこともあります。

また、離婚の際に発生する慰謝料や財産分与、子供がいれば、親権に養育費、熟年離婚は年金分割など、知っておかなければならない情報もたくさん。「え、離婚ってそんなにめんどくさいの?」と思ったあなた。離婚には覚悟も準備も必要ですよ。

夫婦に関係した情報

好きで結婚したはずなのに、離婚となるとどちらも貪欲。折り合いのつけにくい問題といえば、お金のハナシ。

◆財産分与

結婚生活で形成した財産は、2人の力で形成されたものです。離婚の際、その財産を分けるのは当然のこと。

あなたのものは、私のもの。私のものは、私のもの?

長年の労、頂かせていただきます。これが財産分与。

離婚の後でも請求できます。

え、時効があるの?知らないあなたは損をする。

◆慰謝料

「離婚慰謝料を請求する。」ってなんとなく耳にしたことありますが、全ての離婚に慰謝料が発生するわけではありません。

「あなたとの結婚生活で、身も心もズタズタ。」これって慰謝料請求できますか?

精神的苦痛を、誰もが分かる痛さに変換。

慰謝料がもらえないケース、あるんです。

みんな貰ってる。とテレビを指さすのはやめてください。

◆年金分割

熟年離婚にもれなくついてくる年金分割。夫婦で一緒に貰うよりも、おひとり様で貰う場合若干減るのを知ってますか?

「養ってやった。」って言う人ほど、老後は役に立たない。

拒んでもだめ。これって「権利」ですから。

これが年金分割の制度です。

一応、わかりやすく書いてる、努力の跡がみられる。

子供がいる場合

離婚は夫婦の問題。子供を成長させるのは親の責任。どちらか一方だけが責任を負うのではなく、子供は親の離婚の最大の被害者だという事を忘れてはいけない。

◆養育費

養育費の支払いって滞りがち。離れてしまえば、我が子でも愛情は薄れるものってことなんだろうか。

なんで別れたヤツに払わなきゃ…って思ってるなら大きな間違い。

養育費は子供の成長に必要な費用。あんたのDNA入ってるでしょ?

◆親権

親権は「身上監護権」と「財産管理権」との2つ。子供の親権者を決めなければ、離婚ができないって知ってた?

シングルファザーの少ない理由。

シングルマザーの多い理由。

離婚問題の解決

離婚問題の解決をはかるには、「離婚するか・しないか」の他に、「時期を待つ。」という選択もあります。最終的な決断は、自分自身の人生、自分で判断する事が必要ですが、離婚の悩みを吐き出せないのは、メンタル的にかなりの負担がかかります。場合によっては、離婚相談をしてみた方がよい場合もあるようです。

離婚、ほんとにする?決断はムズカシイ。

様々な状況を踏まえて、最終判断をすることが必要。

離婚や別居問題、夫婦や子供などの家族問題を相談することが出来る公的機関があります。

実は色んなところに相談できるところはあるらしい。

離婚に悩む男だって相談したい。

近年、男性の相談も少なくなくなってきているらしい。

離婚はしたい。けど時期じゃない。自分に足りないものを身につける。

今はがまん。経済的自立をしてから、落ちつて離婚。だって離婚してから就活って難しい。

1





uwakimiyaburuさん