1. まとめトップ

VimFiler 入門

Vim の高機能ファイラ VimFiler の使い方まとめ。

更新日: 2014年10月05日

3 お気に入り 16435 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

helloworldさん

Windows から Mac に移行して不便に感じたのが「あふ」や「だいな」といった二画面ファイラの代替がなかったこと。

muCommander や mfiler、XtraFinder が個人的にはどうもしっくりこなくて。そこで VimFiler を触ってみたら、これが素晴らしい出来でした。

インストール

NeoBundle をインストールしていない場合は下記を参考にしてインストール。

https://github.com/Shougo/neobundle.vim

NeoBundle のインストールが終わったら .vimrc に下記を書いて、vim を終了。

" -------------------------------------
NeoBundle 'Shougo/unite.vim'
NeoBundle 'Shougo/vimfiler'
NeoBundle 'Shougo/vimproc'
" -------------------------------------

vim を起動したら :NeoBundleInstall してインストール。

起動と終了

## 起動

:VimFiler ... 小文字で :vi まで入力したら TAB で補完されるはず

コマンドラインからは下記。

$ vim +VimFiler

.zshrc なりに alias vf='vim +VimFiler' を登録すると便利です。

## 終了

q ... バッファに残る
Q ... バッファから消える

移動

k ... 上へ
j ... 下へ

h ... 一つ上のディレクトリへ
l or Enter ... カーソルのあるディレクトリへ

~ ... ホームディレクトリへ
/ ... ルートディレクトリへ
L ... ドライブの切り替え

gg ... 先頭へ
G ... 末尾へ
C-u ... 一画面上へ
C-d ... 一画面下へ

C-j ... ディレクトリの履歴を表示して移動

二画面

TAB ... 二画面。二画面後は、反対画面への移動
- ... 閉じて一画面にする

o ... 反対画面も同じディレクトリにする

ファイル操作

ファイルの移動や削除は下記のように safe mode を 0 にしないと使えません。

let g:vimfiler_safe_mode_by_default = 0

safe mode は gs でもトグルすることができます。

N ... ファイルの新規作成
K ... ディレクトリの新規作成

c ... コピー
m ... 移動

d ... 削除

r ... 名前変更

e ... 編集
v ... 閲覧

x ... 関連付けを実行
:! ... 外部コマンドの実行

SPACE ... ファイルを複数選択
* ... 全選択
U ... 選択解除

ファイルを複数選択して r の名前変更をすると、一括でファイル名を変更できる画面になります。vim の置換が使えるので非常に便利です。

検索

gr ... grep
gf ... find

表示

. ... ドットファイルの表示

t ... 一階層ツリー表示
T ... 全階層ツリー表示

S ... 表示をソート

C-l ... ディレクトリの更新

C-g ... ファイル名を表示

その他

a ... Unite のアクション呼び出し。diff とか便利です

H ... VimShell 起動

ge ... システムの外部ファイラを開く ( Mac なら Finder、Windows ならエクスプローラ )

yy ... ファイルのフルパスを yank

? ... ヘルプ


let g:vimfiler_as_default_explorer = 1 ... :e . で VimFiler が起動するようになります

関連

出典vimr.org

MacOS 用ソフト。

ファイラに Vim を付けたもの。

1