ファイルの移動や削除は下記のように safe mode を 0 にしないと使えません。

let g:vimfiler_safe_mode_by_default = 0

safe mode は gs でもトグルすることができます。

N ... ファイルの新規作成
K ... ディレクトリの新規作成

c ... コピー
m ... 移動

d ... 削除

r ... 名前変更

e ... 編集
v ... 閲覧

x ... 関連付けを実行
:! ... 外部コマンドの実行

SPACE ... ファイルを複数選択
* ... 全選択
U ... 選択解除

ファイルを複数選択して r の名前変更をすると、一括でファイル名を変更できる画面になります。vim の置換が使えるので非常に便利です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

VimFiler 入門

Vim の高機能ファイラ VimFiler の使い方まとめ。

このまとめを見る