1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【HIP HOP】映画TOKYO TRIBE出演ラッパー!【日本語ラップ】

2014/8.30に全国で公開される、映画「TOKYO TRIBE」。園田温監督が指揮をとった”バトルラップミュージカル”は、日本のHIP HOP界を牽引する有名ラッパーも多数出演している。

更新日: 2014年07月16日

191 お気に入り 1092769 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tarsuziさん

トーキョートライブ出演ラッパーまとめ

主演「海(カイ)」役のYOUNG DAIS(ヤングダイス)

6人編成のラップグループN.C.B.B(ex.North Coast Bad Boyz)の一員であり、ソロとして2枚のフルアルバムをリリース。

明るく前向きなメッセージソングを、歯切れよくラップしている。
微笑ましい子供たちの映像にも注目。

MC漢 a.k.a GAMI(カン)

新宿を中心に活動するヒップホップグループ・MSCの一員。
フリースタイルのMCバトルを得意とする。

黒くアンダーグラウンドの煙ムンムンな一曲。
個性的なフロウは唯一無二。

D.O(ディーオー)

D.O(ディー・オー、本名:須藤 慈容(すどう しげやす)、1978年 - )は、日本のヒップホップMC。練馬区在住。練マザファッカーのリーダー。

ストリートのリアルを伝える生々しいリリックには、現在も多くのリスナーに支持されている。

練マザファッカー

2007年、TBSのバラエティー番組『リンカーン』内のコーナー「ウルリン滞在記」に出演、中川剛にラップを指南した。語尾に「メーン」をつける独特のしゃべり方が話題を呼んだ

MEGA-G(メガジー)

左から、メシアTHEフライ、DJ MUTA、MEGA-G

MEGA-G(メガジー)、 自らを「CHEF」、「THE UNDER TAKER」と称することもある。ヒップホップユニットのJUSWANNAのMCとしても活動している。

ラップの黒さと、心地よいフロウとライムに定評がある実力派MC。
現在JUSWANNAとしての活動は休止中のようで、ソロ活動も目立つ。

ANARCHY(アナーキー)

ANARCHY(アナーキー、本名:北岡 健太(きたおか けんた)、1981年 - )はヒップホップMC。MAGUMA MC'sのRYUZOが設立したR-RATED RECORDSに所属している。

7月5日(土)より渋谷UPLINKにて公開されるANARCHYのドキュメンタリー映画「DANCHI NO YUME」。上映に関する詳細な情報はUPLINKのホームページにて!

2014年、avex 「CLOUD 9 CLiQUE」よりメジャー・デビューしたことが話題になった。

ンコイ役、卍LINE(マンジライン、窪塚洋介)

、日本の俳優、歌手。卍LINEという名義でレゲエDJとしても活動しているほか、空水名義ではミュージック・ビデオの監督も務めている。

1 2 3