法律的には、銀行印という特定のものは存在しません。

出典印鑑の種類と役割|芳文堂

・実印と銀行印を併用することは可能ですが、一般的に別々に 作製するケースが多いです。実印も銀行印も使用については どちらも重要な場面がほとんですが、別々に作製することは "リスク"を考えると賢明な判断と言えます。
・銀行印は苗字である必要はありません。名前のみの刻印でも銀行印として届け出ることが出来ます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

今さら聞けない 印鑑の種類とその役割

社会人になっても意外に理解していない印鑑の種類とその役割をまとめました。

このまとめを見る