1. まとめトップ

SDN48は何故解散?AKB48のセクシー版「SDN48」が解散の理由

AKB48のセクシー版と言われて2010年に結成されたSDN48ですが、2012年3月をもって解散してしまいました。何故解散したの?と多くのファンが謎と言っています。SDN48が突然に解散した理由については、様々な噂が流れていますが、そのSDN48が解散した理由についてまとめました。

更新日: 2017年12月31日

10 お気に入り 481645 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

2012年3月31日に解散したSDN48

SDN48の解散理由としては、20歳以上のメンバーで構成してセクシー路線で、AKB48で少ないとされた「40代以上のおっさん世代」をターゲットにしたが失敗。セクシー路線で若者の人気すら集められず、「AKB48の裏側」との位置づけになってしまった。かつてのエーベックス系のMAXのようにはなれなかった。

20歳以上のメンバーを中心にしていたが、結成から2年を経て、25歳を過ぎる主要メンバーも出て、アイドルとして活動するのが厳しくなっていた。

秋元康の完全プロデュースにより2009年に誕生した。グループ名のSDNの由来はAKB48が公演を行っている東京都千代田区秋葉原(外神田)のAKB48劇場で例外はあったが原則毎週土曜日の夜に(SaturDay Night)公演

メンバーになるための年齢は20歳以上であることであり、年齢の上限はない。AKB48を含めた姉妹グループの中で唯一恋愛が認められていたが、既婚者については”子供は作っていけない”というルールがあった。

AKBが高齢化してるなか年取ったら卒業みたいな風潮にせず、22歳超えたらSDN48に加入にすれば良い。AKBとの棲み分けができるし若い子が前に出れるチャンスが増える。

SDN48の解散

AKB48の差別化に失敗。2010年の結成から2年あまりで解散する事になりました。アイドルグループとしては、相当に早い解散です。

秋元さんがSDN48の方にほとんど顔を出さなくなってしまいました。しかも、第2期からはオーディションにも立ち会わなくなる始末で、SDN結成当時の意気込みは見る影もなくなってしまったんだとか・・・。

秋元康氏がプロデュースする「SDN48」が突然、解散すると発表した。これは、2011年10月15日に東京・秋葉原のAKB劇場で行われた「誘惑のガーター」公演で発表されたものである。

解散を代表して発表したSDN48キャプテンの野呂さんはSDN48を結成して2年2ヶ月が経ちました。それぞれのメンバーが進むべき道を目指すために全員揃ってグループを卒業

SDN48が解散した理由

グリーの業績悪化によってSDN48からの撤退が原因と報道されていますが、このまとめ作者がグリー関係者に会った時に聞いてみたら、「そんな事はない」と否定されてしまいました。

AKB48の姉妹グループSDN48は本当のところスポンサーの「GREE」が撤退したのが解散の最大の理由

お姉さんお色気恋愛可というアイドルタブーに挑戦した画期的な部分がありますが残念ながら肝心な人気が(悲)

以前に実施された仕事の中で事前にマネージャーから何の説明もないまま、現場で手ブラヌードやTバックの撮影を強要され、契約が違うと涙を流したメンバーもいたんだとか。

1度でも選抜に選ばれたメンバーは、所属事務所を見つけるなど活動を継続できていますが、1度も選抜に選ばれなかったメンバーは悲惨です。

運営会社であるAKSこそ否定しているものの、海外展開などのプロジェクトを抱える現状がありSDNのようにスポンサーも事務所もつかないメンバーを処理したかったという話が一番生々しいうわさ

GREEが理由だと思いますけどそうなったのもSDNのブランド名が弱いのに各個人の仕事としてはあるのでSDNとしてある理由が乏しい

芹那、大堀恵、野呂佳代以外のメンバーは成人女子として食べて行けるだけの収入がなかったから。

AKB48メンバーで神8クラスは年2千万円と言われてますが、ソロ活動やメディア選抜でないメンバーの多くは月収10万以下

月8〜10回、AKB48劇場公演に出て4〜5万円。AKB48の学生バイトなら、ダンスや歌のレッスン料タダも考慮してやって行けるけど。

秋元から見捨てられ・・・

秋元康は、当初からSDN48をAKB48ができない大人の分野の広告を任せるという広告主の意向に気乗りしていなかったようです。結成後もあまり手を入れず、AKB48に卒業生が増えると、AKB48の卒業生に大人の分野を任せて行く事になり、SDN48解散となりました。

秋元氏は、SDN卒業撤回を求めた嘆願書が届けられたことを受け、Google+で「ユニバーサルミュージックには断られてしまったが、嘆願書に何らかの形で応えたい」と綴り、プロデューサーとしての悩める心境を投稿

ネット上ではSDN48のプロデューサーである秋元康がオーディションに立ち会わないなど、同グループのことを早々に見切りをつけていたと噂されている。

*秋元がやりたいプロジェクトではなかったが、スポンサーの要請があったという噂だ。

チームの士気が大幅低下

握手会の消毒係や、馬の代わりに走らされるなど、メンバーの士気を大幅に低下させるような役回りをやらされていました。

SDNメンバーはAKBの握手会イベントに借り出されては、AKBメンバーと握手するために行列するファンの手をアルコール消毒する係をしたり、AKBの海外公演で通訳として同行させられたメンバーもいた。

1 2 3