1. まとめトップ

抜け毛・ハゲを防ぎたい~自宅で簡単に薄毛対策できる方法

加齢や若年性の抜け毛・ハゲを防ぎたい人にお勧めの自宅で簡単に薄毛対策できる方法をまとめます。

更新日: 2017年09月17日

torinaviさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 9272 view
お気に入り追加

◆薄毛・はげの豆知識

カツラは帽子の一種。

髪が大量にぬけることがあるが、それは3か月前のストレスが原因。ストレスが髪に表れるには3か月の時間を要す。今ストレスに悩まされている場合は3カ月後に大量抜け毛の可能性あり。

薄毛率は、2位はスペイン(マドリード)の42.6%で、以下、3位はドイツ(フランクフルト)の41.24%、4位はフランス(パリ)の39.24%

ハゲの種類には「M型」「O型」「U型またはA型」がある。

◆薄毛・はげ防止のための対策

自分のハゲのタイプを知り、一番効果的な方法を継続することです。
生活習慣の改善や、正しいヘアケア、頭皮マッサージなど地味な努力が必要。

◆薄毛対策動画

◆薄毛・はげになる原因

ニット帽など帽子長時間着用はNG。
頭部が蒸れると細菌類が発生し、頭皮も毛髪も不衛生になります。

頭皮の乾燥は抜け毛・薄毛の原因になる。頭皮が傷み血行悪化し栄養分が行き渡らなくなるため。

長く伸びた髪の毛は重力で倒れるので、常に毛根は横向きの力で引っ張られ続ける。とても軽い力ですが、毎日・長年に渡り働く力なので軽視は禁物。

長時間にわたり目を酷使した場合、血行不良、肩こりや、眼精疲労による栄養消費を引き起こし、頭皮に影響する。

アルコールは分解されると「アセトアルデヒド」に変わります。これは血液中の酸素や栄養素を消費させるので、頭皮に栄養を送るのを妨げ、結果として育毛に悪い影響を与えてしまう。

朝シャンプーをすると汚れとともに毛穴にシャンプー成分が残りやすくなる。その成分によって頭皮が痛み抜け毛が発生しやすくなる。

適度な辛いものは血行を促進しますが、取り過ぎは交感神経を活性化され、皮脂を分泌し、抜け毛を起こす可能性が高まる。

整髪量(ワックス)は髪だけにつけてると思っていても、結構な量が地肌に付いている。

◆薄毛・はげ防止に効果的な生活習慣

薄毛に効く食べ物として「ピーマン」が良い。特に「胎座」の部分はおすすめ。

唐辛子と大豆には、体のなかの知覚神経を刺激し、育毛物質を増やす効果がある。

1 2





はじめまして。ネットで生計を立てているゆうです。お得な情報を紹介します。