1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

著者の懐に入るのは、一般的に定価の10%。小保方さんはこの1冊で約3600万円を手にする計算だ。

印税収入は当面、隠遁生活に回すしかなさそうだが、一生雲隠れするには心もとない。

「ES細胞窃盗容疑の捜査は終了しましたが、指導に当たった理研の笹井芳樹副センター長を自殺に追い込み、共著者だった山梨大の若山照彦教授を敵に回した。研究者として復活するにしても雇うところがあるのかどうか」

STAP細胞」作成の内幕について先日手記を刊行した小保方晴子・理化学研究所(理研)元研究員(32)に、再び注目が集まっている。

小保方氏の研究室で見つかったES細胞(胚性幹細胞)は別の研究室から盗まれたものだ、とする理研元研究員の刑事告発をうけ、兵庫県警が小保方氏を参考人聴取したためだ。「逮捕」説もささやかれるなど、ネットで様々な憶測が飛び交っている。専門家は「その可能性はない」と語るのだが...。

日本の科学技術の信用を失墜させたのだから退職でなく、懲戒解雇とすべき。管理職なのだし。日本は女性にばかり甘すぎる。 小保方氏、理研を退職へ - Y!ニュース (2014年12月19日(金)掲載) news.yahoo.co.jp/pickup/6142851 #再生医療

小保方さんは21日で退職 理研がSTAP検証実験の打ち切り終了 ― スポニチ Sponichi Annex 社会 sponichi.co.jp/society/news/2… この写真のチョイスw マスコミってすごいな~

STAP細胞の問題で、理化学研究所は、小保方 晴子氏の研究室を廃止することを決めた。
理研は、小保方氏の所属する発生・再生科学総合研究センターについて、21日に新設する多細胞システム形成研究センターを中心に再編し、これにともない、一部の研究室をほかのセンターなどに移管し、小保方氏の研究ユニットなど11の研究室について、統廃合することを明らかにした。
ユニットの廃止にともない、小保方氏は、研究ユニットリーダーからSTAP細胞検証実験チームの一研

小保方晴子氏が2011年に早稲田大大学院で博士号を取得した論文に疑義が指摘されていた問題で、早稲田大学が記者会見を行い、同氏の博士号について取り消す決定をしたことを明らかにした。ただし、指導・審査過程にも重大な不備があったと認められたことから、1年以内をめどに研究倫理教育の徹底を行い、研究の再指導と論文の訂正が適切に履行され、博士学位論文としてふさわしいものになったと認められた場合には学位を維持できるとした(期間内に完了しない場合は、取り消しとなる)。1年間という期間の根拠は、小保方氏の体調の問題や、理研での作業もあるため、とした。

また、当時の指導教員である常田聡氏を停職、副査の教員を訓戒、当時の研究科長も審査体制の不備の責任者として役職手当20%3ヶ月分を返上。鎌田総長自らも手当20%5ヶ月分を返上することを明らかにした。

理化学研究所などのグループが発表した「STAP細胞」の論文で、細胞の万能性を証明するための重要な写真が別の論文から流用された疑いが出ている問題で、およそ1か月前には研究チームの一部のメンバーがこの問題を把握していたのに、外部の有識者も入った調査委員会には重要な問題と説明されていなかったことが関係者の証言で分かりました。

神戸市にある理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーなどのグループが、科学雑誌「ネイチャー」に発表したSTAP細胞の論文については、画像やデータに不自然な点が相次いで指摘され、調査が進められています。
この論文の中で、細胞の万能性を示し、研究の核心部分の1つとなる3枚の写真は、小保方さんの博士論文から流用された疑いが指摘され、理化学研究所は論文の信憑性にも関わる重要な問題と受け止めて調査しています。
NHKが関係者に取材したところ、およそ1か月前には、小保方さんと、研究チームの中心メンバーで研究所の副センター長がこの問題を把握していたことが分かりました。

外部の有識者も入った調査委員会のメンバーには、この問題が単なる画像の取り違いと伝えられ、流用の疑いもある重要な問題だとは説明されていなかったということです。
これについてこの副センター長は広報を通じ、「調査に関わることなので話せない」とするコメントを出しました。

研究の倫理問題に詳しい東京大学医科学研究所の上昌広特任教授は
「今回、問題となったのは、研究成果の根幹に関わる画像だ。それにも関わらず重要な問題だと伝えられていなかったことは、調査に協力しようという気がないだけではなく、隠蔽しようとしたととられてもしかたのない状況だと思う。
理化学研究所は、調査の経過や内容などについて包み隠さず情報を公開するべきだ」と話しています。

理化学研究所の 小保方 ( おぼかた ) 晴子ユニットリーダーが3年前に早稲田大に提出した博士論文について、早大の調査委員会が盗用など6か所の不正を認定したことを受け、小保方氏は18日、「厳しいご指摘の点は厳粛に受けとめ、反省しております」とのコメントを代理人の三木秀夫弁護士を通じて出した。  調査委が報告書で「博士号の取り消しには該当しない」と結論づけたことについて、三木弁護士は「大学には

英語で書かれた約100ページの論文のうち、冒頭の約20ページの文章が米国立衛生研究所のサイトとほぼ同じ記述だったほか、実験結果の画像としてバイオ系企業のサイトに掲載された写真を切り取って使ったのではないかと疑われている。

理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが2012年7月に STAP ( スタップ ) 細胞の論文を米科学誌サイエンスに投稿した際、審査を担当した研究者から「ES細胞(胚性幹細胞)が混ざっている可能性がある」と指摘されていたことが7日、理研内部の資料でわかった。

STAP細胞論文問題で、小保方氏が論文の撤回に同意した
研究費に関し、理研側が研究者個人に返還請求をする可能性がある
研究費の返還請求がなされれば、小保方氏は多大な金銭負担を負うことになる

1