1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

romonさん

17歳で夭逝したロック少年

「かまち」の名前の由来は、終戦直後に両親が読んだ歴史小説の主人公の名前である。その歴史小説は、「鹿麻知(かまち)」という少年が、石器時代を舞台に活躍するというものであり、両親は「終戦直後であったので、この少年のように新しい時代を強く生きるように」という願いをこめた。
(wikiより)

昭和35年、群馬県高崎市生まれ。幼少期から絵を描くことに熱中した。

「1日が24時間じゃたりないよ」「生きることを生きろ」など、有名な言葉を残す。

中学3年生の頃からビートルズなどのロックに傾倒。同級生であり後にミュージシャンとして活躍する氷室京介とバンドを組んだこともあった。

BOOWY時代の「MORAL」という曲は、かまちのことを歌っている。

1977年8月10日、エレキギターに感電し、17歳にしてこの世を去った。

没後

2014年4月、高崎市市営に移行、『高崎市山田かまち美術館』と改称しリニューアルオープン。その後も個展などさまざまな催し物が行われた。
(wikiより)

生前に残した作品は没後も高い評価を受け、平成4年、「山田かまち水彩デッサン美術館」が誕生した。

1990年代初期には全国的なブームを呼んで、美術や現代国語、社会の教科書などにも掲載された。

2004年には彼の人生が映画「かまち」として映画化された。

事故の原因

今ほど安全性が高くないギターアンプが故障したか、または改造を施し、そこに不幸な偶然が重なり事故に至ったのかもしれません。

今でも死に至るような事故は起こるのか

改造をする等、通常の使用方法を大きく逸脱した使い方をしない限り、エレキでの感電死などはめったにない。

エレキギター本体の扱う電気は非常に微弱なものでほとんど危険性はない。

むしろアンプの電源側から何らかの不具合で逆流が起きるというのがケースとしては考えられるが、それも極めて稀。

勝手な改造や、水で濡らすことを避ければ普通の家電製品と何らかわりないです。

1