1. まとめトップ

【バルスの語源?】"天空の城ラピュタ"の都市伝説集【ジブリ】

呪文"バルス"に込められた本当の意味とは?幻のエンディングって?明日誰かに話したくなる、ジブリ作品"天空の城ラピュタ"に関する都市伝説や裏話のまとめ。

更新日: 2019年04月01日

140 お気に入り 2609448 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

watatikiさん

【作品情報】

『天空の城ラピュタ』
・1986年8月2日公開
・興行収入11.6億円
・観客動員77万人

・前回のテレビ放送
2017年9月29日(平均視聴率14.4%)

"バルス"の語源とは?

天空の城ラピュタでは、物語の終盤に主人公のパズーとシータが一緒に唱える滅びの呪文がある。それが、「バルス」だ。

実は、このバルスは社会現象にもなっており、天空の城ラピュタの内容を知らない人でも、この呪文だけは知っている人が多いと言われている。

最近は、ツイッターなどでも放送と同時に拡散されていき、物語が終盤なり、「バルス」が唱えられる場合に一斉にツイートする関係で、処理がスムーズに行えなくなりパンク状態になってしまう場合もあったと言われている。

※左の画像は公式なものではなくネタツイート

色々と諸説はあるが、その中でも一番信憑性が高いのが、トルコ語の「bans(バルシュ)」という言葉ではないか?というもの。

このバルシュには、「平和」という意味が込められているのだ。滅びなのに平和というのはどこか結びつかないような印象を持つかもしれない。

劇中では2人が「バルス」と唱えると、ラピュタが崩壊する。だが、それにより人々は助かるし、二人も助かった。

そしてそれから「平和」に活動を続けて欲しいという願いが、この呪文には込められているのではないか?というのが一般的な見方である。

物語の時代背景は?

舞台となった年代は劇中で明示されていないが、
パズーの父親が撮ったラピュタの写真には・・・

1868.7と作品世界の暦による年代らしき数字が印字されている

ドーラの息子達の名前の由来は、全員フランス王

オレンジ色の服の内の右側3人。右から順に、
アンリ (Henri)
ルイ (Louis)
シャルル (Charles)

当初の設定ではシータはドーラの娘とする予定だった?

ドーラの寝室には、若かりし頃の肖像画が掛かっています。

日頃は海賊の親玉として強権的に振舞っているが、
パズーを案じて要塞から帰らせたシータの健気な行動に対し「アタシの若い頃にそっくりだよ」と発言して息子達を驚かせている。

暗号=ANGO?

ドーラがモールス信号を盗聴するときのノートの背表紙は・・・?

幻のエンディング!?

スタジオジブリの傑作アニメ「天空の城ラピュタ」には2パターンのエンディングが存在するという話があります。

普通良く見るエンディングロールでは、巨大な飛行石を抱えた巨木と共にラピュタが天へ昇って行くというものです。

幻のエンディングでは空賊たちと別れた後に、パズーがシータの村に行き2人で握手をして別れるという内容らしく、実在する証拠はなく真偽の程は不明ですが、目撃情報も多く有名なので今では「幻のED」として定番都市伝説となっています。

幻のエンディングで流れたと言われる静止画

この幻のEDの正体と言われているのが、テレビ放映向けのエンディングロールとして1度だけ流れた静止画EDです。

そのエンディングロールでは、抱き合う二人、家畜のヤクとシータ、二人がカイトの乗るシーン、飛行機に乗ってシータの家に遊びに来た風のパズー、などの静止画が流れていたそうです。

一昔前のテレビ放映ではCMを挟んで21-23時の枠できっちり終わることが多々ありましたが、そうするとどうしても放映時間が足りなくなるので、内容を大幅にカットする必要がありました。

ラピュタの静止画のエンディングロールは、テレビ局側が編集して作成したといわれます。

放映時間の有効利用のために、ストーリー上関係の無いエンディングロール部分をカットしたようです。

真の幻のエンディング・・・

パズーがシータを故郷のゴンドアまで送って行くバージョンを見たという人も居るそうで、そのエンディングでは飛行石を暖炉に隠してしまうそうです。

このエンディングについては、放映された記録やキャプ画などの証拠が何も見つかっておらず、ただ人々の記憶の中にあるだけの真の幻のエンディングとなっています。

1 2 3