元々ヘヴィー・メタルやデスメタル、ハードコア等で、音楽の激しさや怒りを表現するために広まったが、やがてファンがミュージシャンとの共感や一体感を表現するために一緒になってヘッドバンギングを行うようになった。激しい楽曲でのミュージシャンとファンとの一体感はさながら宗教的であり、バンドに忠誠を誓うかのような神聖さを持っていた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

夏フェス間近!脳出血しないヘドバン

ヘドバンでの高揚感は異常!ですが、むやみやたらにヘドバンして脳出血していませんか?頸椎壊れていませんか?

このまとめを見る