出典 blog.livedoor.jp

「今回、監督から『鈴木君のままでやってほしい』と言われていたので、役作りはせず現場に入ったんです。

村岡の珍獣好きという設定も、僕の趣味を脚本家の中園ミホ先生が生かしてくださったもの。でも"僕のまま"って、とても難しい。現代劇ほどセリフをアレンジできないし、動きも制限されるなかで、自分のどういうところを出せば、村岡が魅力的に映るのか、日々考えています」

この情報が含まれているまとめはこちら

「花子とアン」吉高の夫役 鈴木亮平の“素顔”<画像、動画あり>

鈴木亮平のプロフィールから人物像にまで迫ります!

このまとめを見る