1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

【転職用】職歴の空白期間をプラスに変える回答例まとめ

転職活動をしている方へ職歴の空白期間の回答例文集です。例を参考に自分の言葉で伝えましょう。

更新日: 2016年12月29日

puti6さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1356 お気に入り 372610 view
お気に入り追加

■就職活動に集中

1年間のブランクが空いてしまっていたので、「御社のような企業を探していた」と伝えた。

妥協してすぐに会社を辞めるような無責任な事はしたくない為に慎重に探していました。おかげさまで御社と面接させて頂けましたので、妥協しないで求職活動を続けて良かったと思っています。

「次の仕事に就いたら、退職をしないよう、仕事を慎重に考えていた」ということをアピールした。

家での時間を最大限確保できるようにと、地域を限定して仕事を探していましたが、就職先が少なく就職が困難でした。「どこでもいいから働こう」と無理に就職するではなく、希望にあった会社が募集するのを待つことにしました。

■資格取得

前の会社を辞めてから2年間、資格取得の勉強をしていた。資格取得について、目的を明確に持ち、スケジュールをしっかり立てて臨んでいたことを面接で説明したら、意味もなくブランクがあったのではないことを理解してもらえた。

1年以上になってくると、資格の勉強だけに専念できる環境で、それだけの期間をかけてもまだ資格を取得出来ていないのなら、あまり熱心にやっていなかったのではと疑問を持たれてしまうので注意。

■勉強

1年間のブランク中にしていたことや、その中で得た成果などを説明できるように事前にまとめておいた。仕事をしていない間も勉強をしていた事が伝わって、かえって好感度が上がったようだった。

休職期間が数年ほどあったのだが、それを「人生勉強の期間」とし、興味のあることはすべて見にいったり調べたりするなど、研究したことを細かく伝えた。会社側からはアグレッシブな人物ということで高評価を受けた。

前職を退職してからブランク期間はございますが、今後のビジネスシーンに必要となってくる語学の勉強をしてまいりました。この期間に習得したスキルをもとに、御社にて貢献させていただきたいと思っております。

オフィス系のソフトを参考書を読んで操作しながら勉強していました。

ハローワークで求職活動をするのと並行して、職業訓練校で●●の資格取得のために勉強していました。

この期間、新たなスキルを身につけるため、御社で働くにも有効な資格の取得を目指して勉強していました。独学でしたので、関連書籍を20冊以上読破しました。

■スキルのブラッシュアップ

業界の進歩に遅れないよう、関連業界の会議に出席したり協会に加入し、プロフェッショナルとしての能力開発を続けました。
(自主性と最先端のスキルセットをアピールすることができる)

ビジネスセミナーに参加して●●の知識やスキルを習得することができました。

希望する職種の求人が少なく、就業にいたりませんでした。セミナーを受講したり同業の知人を訪ねたりして、人脈を広げアドバイスを募りながら今にいたっています。

■アルバイト

アルバイトをしながら自分の為になる努力をしていたと伝える。

■リフレッシュ

面接の際は、「大学卒業後、働き通しだったので、転職前にリフレッシュのために趣味の旅行に行った。これから仕事をしたら長期休暇はなかなか取れないと思った」というように、「今までしっかり働いていた」と「転職後はしっかり働く」をアピールした。

1 2 3





就活・声優・アニメ・ジャニーズ・イケメン・ゴシップなどなど♪



  • 話題の動画をまとめよう