1. まとめトップ

静かなブーム? 和光大学の車内広告がなかなかおもしろい

和光大学の車内広告についての反応まとめです

更新日: 2014年10月01日

7 お気に入り 27861 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

小田急線や横浜線に出稿している、和光大学のまど上ポスター広告、見たことありますか?

キューピー3分クッキングみたいな…?

「和光3分大学」は、2008年にスタートした電車の車内広告シリーズです。世の中をユニークな角度から見つめる和光大学ならではの学問。

これらの広告を見て、Twitterでつぶやく人がけっこう居る

オーストラリアのパスポートには性別欄が3つある。

現代社会学科 教員 杉浦郁子(社会学、とくにジェンダー/セクシュアリティ研究)

「オーストラリアのパスポートには性別欄が3つある。」「性別」のあり方を変えることは、社会を変えるきっかけにもなる。ー和光大学の広告。電車の中の人もちらほらこの広告を読んでいる。なんて素敵な広告なんだろう。 pic.twitter.com/YUZDXt25

やっぱり杉浦先生か!やっと電車内でみられた。 : 「和光大学 オーストラリアのパスポートには性別欄が3つある。」という車内広告が登場 gladxx.jp/news/2012/09/2… @glad_xxさんから

「和光大学」の電車内広告凄い。「オーストラリアのパスポートには性別欄が3つある。」"X"の欄が用意されたパスポートの話と、男女の性別は生まれた時に自然と決まるものではなく、社会の合意で決まるものだというお話が書いてある。

和光大学の中吊り広告いいな。教授のインタビューでミニ講義という感じの。私が見たのは「オーストラリアのパスポートには性別欄が3つある」という見出しの。他のバージョンもあるのかな?

和光大学の車内広告。「オーストラリアのパスポートは、性別欄が三つある」。いつか、こんな事がグローバルスタンダードになる世界を実現するには、やっぱり教育が大切なんだとつくづく思う。 pic.twitter.com/7sHf2NYF

芝居の世界に入る為、一年で辞めた和光大学の広告を電車で発見。 やっぱり、変わった大学だったな。 たった、一年間だけど宝物の時間でした。 pic.twitter.com/PTwaYHDE

オーストラリアのパスポートには性別欄が3つある。 って、、電車の広告気になる、、目が悪くて見えません、、

正直わたしも全然見えない…

デザインは、爆発してはいけません

芸術学科 教員 倉方雅行(インダストリアルデザイン)

「デザインは爆発してはいけません」って和光3分大学の広告、すごくいいよね。

岡本太郎氏の名言「芸術は爆発だ!」を切り口に、「アート」が“自己表現”であるのに対して「デザイン」は美しさの中にも社会や環境へのメッセージ性を込めたものである・・・和光大学の電車広告より。なるほど~φ(._.) #fb

『デザインは爆発してはいけません』て和光大学の広告の文章、職人作曲家と芸術音楽の現代の構図に通じることシンプルに言い得てると思う。未来はわからないけど。

車内広告。アートとデザインの違いについて: 「芸術は爆発だ」という岡本太郎の有名な言葉があります。これはアートの本質を見事についています。でもデザインは爆発してはいけません。 確かに。

恋は、たいてい原価割れかもしれない(会計学的には)

経営学科 教員 井出健二郎(会計学・医療政策学)

“愛もお金も注いだのに、3ヶ月であっさりとふられてしまったとしたら。
会計学の考え方でいえば、原価を割ってしまったことになります。
でも、そのお金はほんとにマイナスなのか。そう捉え直すのも会計学です”

京王線の和光大学の車内広告。「恋はたいてい原価割れかもしれない」アタシも和光大学に入って会計の勉強したくなりましたね。 pic.twitter.com/Q8ph608y

『恋はたいてい原価割れ かもしれない』 「でも使ったお金には意味がある。そう考えるのも会計学です」by和光大学の電車内広告 こんなふうに言われると勉強したくなる不思議(^ω^≡^ω^)

あと、いつも楽しみにしてる和光3分大学の新作。「恋は、たいてい原価割れかもしれない。(会計学的には)」ボディコピーも含めてすごく良かった。会計学を学びたくなった。

自分の名前、利き手じゃない手で書いてみてください。

心理教育学科 教員 常田秀子(発達心理学、臨床発達心理学)

新しい和光大学の車内広告が発達障害のことなんだけど。凄い分かりやすくて的を得てる。霧が晴れたみたいで感動した。 pic.twitter.com/olWt8mxmwB

和光大学の電車広告なんだけど、発達障害は自分の名前を利き手とは逆の手で書くもどかしさを一生感じながら生きていくって話が書いてあってなるほどなって思ってる

和光大学の車内広告ってほんといいよね。今は発達障害のことについて書いてる。「利き手じゃない方で自分の名前を書いてみてください。書き方はわかっているのに、キレイにスラスラ書けないもどかしさ。発達障害はその感じにとても良く似ているんです。やろうと思ってもどうにも上手くできない。」

地球は愛せても、人類は愛せても、それでも部長は愛せない

身体環境共生学科 教員 野中 浩一(衛生学、胎児期環境学、双生児研究、共生学)

「自然と共生しよう」とか「誰とでも仲良く共生しよう」とか、そんな風に、共生ということばは、すごく良い意味で使われていますね。
でもそこには、私自身、どこかうさんくさいものを感じています。…

小田急にて 和光大学のポスター「地球は愛せても、人類は愛せても、それでも部長は愛せない」 わかる!

1 2