1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

lyam-giさん

超能力とは・・

超能力(ちょうのうりょく)とは、通常の人間にはできないことを実現できる特殊な能力のこと。今日の科学では合理的に説明できない超自然な能力を指すための名称。

超能力とされる現象として、例えば「手を触れずに物を動かす」、「人の心を読み取る」などの能力が挙げられており、種類に応じて名称が与えられている。

テレパシー

テレパシー (Telepathy) は、ある人の心の内容が、言語・表情・身振りなどによらずに、直接に他の人の心に伝達されることで、 超感覚的知覚 (ESP) の一種で、超能力の一種。 mental telepathy の短縮形。漢字表記では「精神感応」とも

予知

予知(よち)は、時系列的にみて、その時点では発生していない事柄について予め(あらかじめ)知ること。
経験則や情報による確定的な予測と異なり、超能力や啓示などの超越的感覚によるものを指すことが多い。超越的感覚によらないが予知と呼ばれる例としては、地震予知、危険予知、設備等の予知保全などがある。

透視、千里眼

透視(とうし)とは、通常の視覚に頼らず、外界の状況を視覚的に認識する能力。ESP(超感覚的知覚)の一種とされる。透視(とうし)とは、通常の視覚に頼らず、外界の状況を視覚的に認識する能力。ESP(超感覚的知覚)の一種とされる。

念力

念力(ねんりき)とは、超能力の一つで、意思の力だけで物体を動かす能力のこと。念動力(ねんどうりょく)、観念動力(かんねんどうりょく)とも言う。また、英語名の略称を使い、TK(Telekinesis、テレキネシスの略)、PK(Psychokinesis、サイコキネシスの略)と呼ぶこともある。

サイコメトリー

出典drte.net

実際には、サイコメトリーという能力の範囲の厳密な定義はないが、最も主な特徴は、物体に残る人の残留思念を読み取ることである。とりわけ、液体に思念が残ることが多いとされ、テレビ番組などでは、湖や沼などで能力が使われることが多い。サイコメトリーという言葉は、アメリカの神霊研究家であるジョセフ・ローズ・ブキャナン(1814 - 1899)が提唱した用語であると書かれている。

瞬間移動

瞬間移動(しゅんかんいどう)は、超能力の一種で、物体を離れた空間に転送したり、自分自身が離れた場所に瞬間的に移動したりする現象、及び能力のことである。テレポートもしくはテレポーテーションともいう。念力の一種と考えられている。

念写

念写(ねんしゃ、英: Thoughtography(ソートグラフィー), Projected thermography)は、心の中に思い浮かべている観念を印画紙などに画像として焼き付けること。超心理学の研究対象で、超能力の一種とされている。

発火能力

1