1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

飛騨山中を中心に現在、別名「ゾンビウイルス」と呼ばれるバキュロウイルス科ウイルスに集団感染した「マイマイガ」の大量死が相次いで目撃されている

バキュロウイルス科ウイルス

感染した宿主がウイルス飽和状態になるまでエサを捕食し続けた後、脱力状態となり、果てはウイルスを含んだ体液を周囲にまき散らしながら死に絶える

バキュロ系ウイルスに冒され半死状態で木に垂れ下がるマイマイガ幼虫の大群

何兆何億匹いやもっとたくさん、相当な規模に広がっている。ここ最近は、山のふもとの住宅地でも同じ光景を見かけるようになった

狂犬病

狂犬病には、麻痺の症状が強く現れるタイプと、患者が凶暴化するタイプの2つがあります

凶暴性の狂犬病はウイルスに感染した動物の約半分、人間では3分の2のケースで発病し、ホラー映画のゾンビの元となっているのはこの後者

ウイルス感染後1週間から時には数年にもおよぶ潜伏期間の後、凶暴性狂犬病を発病した患者は突然平常心を失い、異常に活発になります。自分や周りのことがわからなくなり、意識もあいまいになって、それと引き換えに凶暴性が増していきます。まだ症状が穏やかなうちは、イライラして周囲の人に当たり散らすだけかもしれません。活発で落ち着きがなく、誰にでもすぐに腹を立てるようになります。

狂犬病ウイルスは一般的に、患者の恐怖心を増大させる作用があります。その顕著な例が水への恐怖(恐水症)

患者は明るい光や風にあたるのを怖がり、暗闇や密閉された空間に隠れたがります。言葉を発しなくなるのは、自分自身の声を怖がっていることにも原因が

凶暴性の狂犬病で最もひどい症状になると食欲にも異常が現れ、動物では小枝や石を食べた例が報告されています。また、噛みつきに抑えがたい衝動を感じるようになり、科学者はこれはウイルスが新しいホストへの感染を拡げようとするために起こると考えています

+インフルエンザウイルス

マイアミ大学のウイルス学者 Samita Andreansky 氏によると「例えば、狂犬病は中枢神経系に影響を及ぼすウイルス性感染症で、極度の興奮、精神錯乱などの神経症状をもたらす」。これに空気感染で急速に広がるインフルエンザウイルスの特性を持ち合わせれば、“ゾンビによる世界の終末”一歩手前は間違いないという

寄生虫

確かカニを自分の都合のいいように操ってしまう寄生虫がいるようです。
宿主のカタツムリを派手な色に変えてわざと鳥に捕食させ、その鳥に寄生する寄生虫もいるようです。

テトロドトキシン

、「ゾンビ・パウダーにはテトロドトキシンが含まれている」と言われている。この毒素を対象者の傷口から浸透させる事により仮死状態を作り出し、パウダー全量に対する毒素の濃度が丁度よければ薬と施術により蘇生し、濃度が高ければ死に至り、仮死状態にある脳(前頭葉)は酸欠によりダメージを負うため、自発的意思のない人間=ゾンビを作り出すことが出来る。ゾンビと化した人間は、言い成りに動く奴隷として農園などで使役され続けた

1