1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

簡単ステンドグラス風ウェルカムボードで結婚式を飾ろう!ガラス絵の具

結婚式は自分だけのオリジナルで作りたいですよね。でもなかなか手作りって難しい・・・。絵を描く感覚でできるガラス絵の具は乾くと半透明になり、ステンドグラス風になります。見た目も綺麗なので結婚式などの華やかな場でもぴったりですよ!自分だけのウェルカムボード作りにぜひ活用してください。

更新日: 2016年03月17日

nonopokoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
883 お気に入り 206674 view
お気に入り追加

ステンドグラスって難しいイメージ・・・

あくまでステンドグラス風ですが、ガラス絵の具を使うとステンドグラスのように光にあたると美しい絵が描けます。
乾くと透ける、それがガラス絵の具です。

100円均一でも手に入るガラス絵の具

100円で手に入るのなら、気軽に始められそうですね。

このガラス絵の具は乾くと透き通って、まるでステンドグラスのような仕上がりになる事で有名なのです。

乾くと透けるガラス絵の具です。何っ!こんなおもしろそうな絵の具があるのか!とダイソーで購入しました。

ガラス絵の具は混色も普通の絵の具のようにできるので、スターターキットがあれば色々できそうですヘ(゚∀゚*)ノ

光にかざすと透けて見えるガラス絵の具は華やかな場にぴったり

光が当たると印象が変わり、キラキラして綺麗に見えます。

ウェルカムボード作り方~その1~

ガラス絵具という絵具で、その名の通りガラスや陶器に絵が描けます。

実際に実用品として向きませんが、けっこうガッチリ定着してくれます。
2社の絵具を併用しました。
メーカーによって乾くスピードとか発色の良さが違いました。

下絵を描いて、額縁に入れました。
仕上がりをイメージしつつ、微調整しつつ、色もなんとなく決めておきます。
上にガラスを置いて、いきなりぶっつけ本番で線を描いていきます。
筆で書いていくわけではなく、チューブから絞りながら直接線を「置いて」いきます。
筆だと絵具がすぐ固まってしまいますし、こんなにぷっくりとした線は描けません

線が乾くまでは触れないので、手が当たってしまいそうな箇所はじっくり時間をおいて描いていきます。

色は筆で置いていくのですが、「塗っていく」というよりは本当に「置いていく」という感じです。
黒で縁取った輪郭の中に、色を流して固めていくような感じです。

再び線の作業。
あとはひたすら 色を置く→乾かす→色を置く→乾かす です。

乾ききる時間は室温によって変わります。
乾く前にホコリが落ちると取れなくなってしまうのでフタをしたいところですが、
空気に触れなさ過ぎても乾かなくなるので難しかったです。
肌まで塗ってやっと完成!

ガラス絵具の一番のコツは「焦らない」だと思います。
線にしても色にしても、急ぎ過ぎて失敗することも多かったです。
線は触って消えてしまうし、色は隣り合う色同士が混ざってしまってやり直しに・・・。

ウェルカムボード作り方~その2~

A3の額縁(ニトリ、700円くらい)
ガラス絵の具(ダイソー)
滑り止めシート(ダイソー)

1、A3の紙にペンで下書きをする。色を塗る。
2、1を下敷きにして、額縁の塩ビ板に黒で縁取りする。
3、2がある程度乾いたら、色をのせていく。
4、3が乾いたら、額縁にはめる。透けて見えるように、後ろの板は外しておく。爪の部分の隙間は、滑り止めシートで隙間を埋めて、塩ビ板が外れないようにする。

ウェルカムボード作り方~その3~

・プラスチック板(ホームセンターで購入)

・深さのある写真立てor額縁

・紙、マジック(下書き用)

まず、自分が作りたいデザインを下書きします。 (絵の大きさは写真立てに入る大きさ)
下絵の上にプラスチック板を合わせて、ズレないようにテープで固定。

書いた絵に沿って黒のグラスデコペンで縁取りしていきます。  (黒のペンは口先が細い方が描きやすいです)
全部縁取りが終わったら約半日~1日かけて乾燥させます。

乾燥したら、思い思いの色で塗っていきます。塗り始めは色が濃くステンドグラスっぽく  なりませんが、乾くと半透明になるので心配いりません。
全部塗り終わって乾燥させると・・・完成!!(‘ω’)ノ☆

ウェルカムボード参考画像集

出典ameblo.jp

100均のガラス絵の具を使ったので全部で1500円ぐらいしかかかってないそうです。

1 2





nonopokoさん

手作り、DIY、リメイクが好きです。
自分の気になるネタを中心にまとめていきます。
みなさんのアイディアの参考になれば嬉しいです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう