1. まとめトップ

妖怪ウォッチのちっちゃい子の人気が爆上げハンパないのでまとめてみたよw【妖怪ウォッチ】

妖怪ウォッチの人気が爆上げハンパないのでまとめてみたよw【妖怪ウォッチ】 レベルファイブ

更新日: 2014年07月09日

2 お気に入り 16510 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hcheckinさん

『妖怪ウォッチ』(ようかいウォッチ)は、レベルファイブから2013年7月11日に発売されたニンテンドー3DS専用ゲームソフト。『イナズマイレブン』シリーズ、『ダンボール戦機』シリーズに続くレベルファイブのクロスメディアプロジェクト作品。先行する二作品と同様にコミックやアニメ等による多角メディア展開を前提として企画された。

メディアタイアップは主に小学館の『月刊コロコロコミック』と『ちゃお』により行われ、共にコミカライズ版の連載も担当している。2014年1月8日よりテレビアニメ版も放送され、平均世帯視聴率5.4%を記録した人気アニメとなっている。同年1月11日には、玩具の妖怪メダルが発売され、小学生を中心に流行し、品薄になる程の人気商品となり、社会現象にもなった。

株式会社レベルファイブ(本社:福岡市中央区、代表取締役社長/CEO:日野晃博)は、公募によりお集まり頂いたボランティアエキストラ約1,000名が出演する『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』(対応機種:ニンテンドー3DS)の新テレビCM「2でる篇」を2014年7月4日(金)より放映致します(一部地域を除く)。ご協力頂きましたすべてのエキストラの皆様に感謝を申し上げるととともに、放映開始をご報告いたします。

よく見るとあの人の姿も!?
1,000人で踊る「ようかい体操第一」がテレビCMに!

【新テレビCM「2でる篇」】
2014年6月14日(土)、群馬県前橋市某所に設置された撮影会場には、応募総数約14,000件の中から抽選で選ばれた約1,000名のファンの皆様がお集まりいただきました。サプライズゲストとして登場したキング・クリームソーダ、Dream5、そして作品の登場キャラクターであるケータ、ジバニャン、コマさんの姿が見えると、歓声がわき起こる一幕も!みんなでつくったテレビCMがついに公開を迎えました。是非ご自身やご家族、お友達の踊っている姿をじっくり探してみてください!

「妖怪ウォッチ」とは、2013年7月11日に発売されたニンテンドー3DS専用ソフト。“街中を探索して、250種類以上の妖怪をともだちにする”というコレクション性や、通信機能を使った様々な機能が話題になり、順調に売り上げ記録を更新。2014年5月28日の時点で販売本数100万本を突破した人気タイトルだ。7月10日には最新作「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」(各4968円)が発売予定で、第1作を超す大ヒットが期待されている。

そんな本作は、漫画、アニメ、おもちゃ、食玩など、様々なメディアで関連商品を続々リリースする“クロスメディア展開”に成功した作品としても知られている。なかでも、妖怪を探し出すのに必要な“妖怪ウォッチ”や、妖怪を仲間にすると手に入る“妖怪メダル”といった、ゲーム内に登場するアイテムを商品化したグッズは大人気で、店頭に並ぶや売り切れが続出!妖怪メダルに至っては、発売から約6ヵ月で出荷枚数3200万枚を突破している。また、トレーディングカードも発売1ヶ月で累計出荷数が2000万枚を超え、グッズの年間売上は70億円を上回るとも噂されている。

この驚異的な売上記録は、購買層である親世代へのアピールの賜物、と言っても過言ではなさそうだが、いったいどのような要素が大人たちの心を捉えたのだろうか?現在開催中の期間限定公式ショップ「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン ダイバーシティ東京プラザ店」をはじめ、多数のキャラポップストアをプロデュースするナムコの内藤浩司氏は、父親たちが「妖怪ウォッチ」にハマる理由について、「男性は人生のどこかで必ず、妖怪に興味を持つ時期がありますよね?そのころの思い出が、お子さんが『妖怪ウォッチ』で遊ぶ姿を見て、蘇ってきたのではないでしょうか」と話してくれた。思い当たる節がある人は、けっこう多いのではないだろうか。

最近ではサラリーマンの間で、“子供のために行列に並び「妖怪ウォッチ」グッズを購入する”という行為が、共通認識として成立するようになってきているという。休憩時間は、限定グッズの発売日や、並ばずに買えるショップなどの情報交換で盛り上がることも多いようで、上司とのコミュニケーションの手段として、「妖怪ウォッチ」を活用している人もいるそうだ。興味はあるものの、なかなか手にする機会がないという人は、間もなく最新作「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」が発売される

ゲームおよびアニメ、『コロコロコミック』連載版の主人公。ゲームでは名前を任意に決めることが出来る(女の子主人公も同様)。妖怪ウォッチは腕時計型。
さくらニュータウンに住む小学5年生で、悪運が強く比較的前向きであること以外は「普通」の少年。アニメでは「普通」であることを気にしているが、コロコロ連載版ではむしろ「普通」であることを強調している。
ウィスパーと出会い、妖怪ウォッチを手にした事で不思議な妖怪ワールドを体験することになる。
家族構成は父(声 - 奈良徹)と母(声 - 永田亮子)で三人暮らし。この他にアニメではジバニャンとヒキコウモリがケータの部屋に居候している。

190年前に「悪さをした」と言うことでガチャボールに封じられた妖怪。ガシャマシンにお金を入れて回したケータ(フミちゃん)の前に現れ、妖怪ウォッチを渡し、妖怪ワールドへと導いた。
「妖怪執事」を名乗り様々なアドバイスをくれるが、アニメではゲーム以上に頼りない部分が全面的に押し出されている。ケータやジバニャンに「知らない癖に~」など言われると、妖怪を知ってると言い張る。ケータが「妖怪の仕業!」と言うとまぐれのように言うなど頼りない所がある。

プリチー族。猫の妖怪で、車に轢かれたネコが地縛霊となった存在。一番強いネコになるため修行をしているらしい。 生前は「アカマル」という名前で、エミちゃんという少女に飼われていたが、車に轢かれた際にエミちゃんに「ダサい」と言われたことなどから、自分が死んだ原因である車に対しリベンジを誓い、日々戦いを挑むが上手くいっていない。
アニメ版では自宅を持っていたが、縄張りを他の地縛霊の猫に取られてしまったため現在はケータの家に居候している。よくケータのおやつなどを勝手に食べてしまうため、いい目で見られていない。

ケータのクラスメイトの女の子で、ゲーム版のもう一人の主人公であり、『ちゃお』連載版の主人公。妖怪ウォッチは懐中時計型で首から下げている。
霊感があるため、妖怪の気配を感じることが出来る。
家族は父と母の三人暮らし。フミちゃんの父親とケータの父親は友達同士である。

ケータのクラスメイトで、ガキ大将。母親からは、「ゴロちゃん」と呼ばれている。
単純で涙もろい性格。唐揚げが大好物。
家は団々坂にあり、「クマシマ作業所」と言う工場を営んでいる。また、クマの両親はどちらも大柄な体格の持ち主である。家族構成は父と母

ケータのクラスメイトで、現実主義な少年。幽霊や妖怪の存在には否定的。常にスマホを携帯している。高級住宅地「そよ風ヒルズ」に家がある。

ついに明日ですよ!妖怪ウォッチ2の発売\(°∀° )/朝からとりにいくぞー!

1