1. まとめトップ

乗り物酔いに効く! 強力アイテム・薬・ツボ・改善法まとめ

車酔い・バス酔いする人のための対策グッズや改善法。30秒で乗り物酔いを治す方法、その場ですぐ効くドリンクや酔い止め防止バンドなど、まとめました。

更新日: 2017年04月15日

gentianaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
25 お気に入り 137007 view
お気に入り追加

車酔い、バス酔い、つわり・・・本当に辛いですよね。酔い止めに効果を発揮する商品や、押して酔いを緩和させるツボなど紹介します

小学生(6年生)の子供が使用しています。短い距離であれば酔わなくなり、本人は満足しているようです。

手首にある乗り物酔いのツボ、内関(ないかん)を押してくれる、リストバンド!

両手につけることで、さらに効果を発揮。

◆酔ったその時、すぐ使える!本当に重宝している【トラベルミン・チュロップ・レモン味 ぶどう味】

我が家では酔い止めが必須アイテムです。キャンディーをなめるように服用できるところが、気に入っています。

医者で処方されるトラベルミンは結構大きいので、飲み込むだけでも一苦労する。

実際、薬を飲むことで吐き気を催す子もいます。

レモンドロップなので、薬感が少ないのオススメ!

ぶどう味もあります。

◆薬が飲めない子はこちら!ドリンクタイプで飲みやすい【こどもセンパア グレープフルーツ味】

バスに乗る前から不安を感じる子どもには、薬を飲ませることも一苦労。

こどもセンパアならグレープフルーツの味!

ジュース感覚なので飲みやすい。

◆子どもに携帯させてもOK!乗る前にサッと飲ませる【セイブ内服薬 ドリンクタイプ】

セイブのドリンクタイプ!30分前に飲ませます。

飲みやすいので、何より子どもが楽。

錠剤のように水を携帯しなくてもいい。

◆マイカーなら工夫できること全てやろう。生活の木【ドライブアロマライト】で天然の優しい香りを

車内のにおいや排気ガスなども不快な環境要因です。この不快感が原因となって乗りもの酔いが引き起こされると考えられます。

車のニオイで酔ってしまうお子様のために。

天然の優しい香りで、独特の車臭を和らげてあげてください。

こどもの鼻は敏感。

染み込んだ排気ガスや、車のシートの合皮の臭いにやられてしまうのです。

においで酔うタイプはこれが効きます。

◆乗り物酔いを30秒で治す方法は・・・氷をなめること!!

大きな塊の氷を出来るだけ長くなめます。
このとき、噛んではいけません。
舌で転がすように出来るだけ長くなめるのがコツです。
そうすると、氷の冷たさのおかげで「交感神経」が刺激されて「副交感神経」の働きを抑えてくれます。

これで、あさイチサポーターの方は30秒で乗り物酔いから解放されていました。
それも2回!!!あっという間に乗り物酔いから回復したので、信じられないくらい。

◆りんごが効く!置いておくだけでOK

りんごを丸のまま車に乗せておくだけですが、試してみたらそのときは車酔いしませんでした。

1時間30分も船に乗ったのですが、ぜんぜん船に酔わなかったことがあります。リンゴの皮には酸化(活性酸素)に強い、なにかスカベンジャーがあるのでは?

リンゴを数個のせてみるだけで変わるなら、やってみて損はない!

◆流れる景色は酔いのもと?サングラスで脳の混乱を防ぐ!

1 2





gentianaさん

美味しいもの大好き