留学中の北里[柴三郎]は、緒方の発見した「脚気菌」について実験を行い「脚気とは無関係である」という論文を発表します。脚気はビタミンB1の不足で起こる病気なので北里の発表の方が正しいのですが、弟子である北里が師である緒方に逆らったのですから、東大では忘恩の輩として非難の嵐が吹き荒れました。森鴎外も北里を激しく非難する論文を発表しています(東大の脚気菌派の人々は、この後も「脚気薗」説を主張し続け、日清・日露戦争では脚気によって3万人を超える陸軍兵士を死亡させた上、脚気治療薬としてビタミンを世界最初に発見した東大農学部教授の鈴木梅太郎を散々批判し、彼のノーベル賞受賞のチャンスをもつぶすことになります)。

出典北里柴三郎と森鴎外とノーベル賞と

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

森鴎外はエリート医師のプライドで多くの軍人を死に至らせたのか?

明治を代表する文豪の森鴎外の本職は医師であり、軍医としてトップの位置まで上り詰めた。西洋医学を絶対視し、東洋医学や民間の食事療法を蔑視したことから、軍人の食事から麦を一掃してしまった。その結果として、多くの軍人たちを追い詰めることになった……

このまとめを見る