世界で初めてビタミンを発見したのは、鈴木梅太郎という人物です。
彼は脚気にかかった鳩に米糠を与えると症状が改善される事を突き止め、1910年、米糠から脚気に有効な成分の抽出に成功します。

同年12月13日、この研究を発表し、抽出した成分を「アベリ酸」と命名、後に「オリザニン」と改名しますが、これこそ現在の「ビタミンB1」なのです。

出典ビタミン発見と日本人 - ねずさんの ひとりごと

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

森鴎外はエリート医師のプライドで多くの軍人を死に至らせたのか?

明治を代表する文豪の森鴎外の本職は医師であり、軍医としてトップの位置まで上り詰めた。西洋医学を絶対視し、東洋医学や民間の食事療法を蔑視したことから、軍人の食事から麦を一掃してしまった。その結果として、多くの軍人たちを追い詰めることになった……

このまとめを見る