1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

wwinprojectさん

AR技術とは?

拡張現実(かくちょうげんじつ、英: Augmented Reality、AR)とは、人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。

英語の Augmented Reality の日本語訳であるため、それを日本語発音した「オーグメンテッド・リアリティ」や省略形のARも用いられる。また、拡張現実感(-かん)、強化現実(きょうかげんじつ)とも言う。
似た言葉に複合現実(MR)がある。

AR技術の基本的な仕組み

ARはMRやVR(バーチャルリアリティー)とどう違うのか?

「仮想空間」というだけで、なんだかSFチックな話になりそうですが、実はこのVR・AR・MR技術は既に私たちの身近にやってきています。

VR=Virtual Reality=仮想現実
CGなどで作った仮想現実世界を体験する

AR=Augmented Reality=拡張現実
CGなどで作った仮想現実を現実世界に反映(拡張)する

MR=Mixed Reality=複合現実
CGなどで作った仮想現実を現実世界に反映(拡張)し、それを体験する(VR+AR)

VR(バーチャルリアリティー)について

VR=Virtual Reality=仮想現実。
もっとも聞き慣れ、既に色々と応用されている技術です。

ARについて

国内で最も話題になったのは<セカイカメラ>でしょうか。
ユーザーが実際に見ている風景をデバイスを通じて見ると、コンピュータからの情報(=仮想現実)が重なって(=拡張されて)見えるものです。

MRについて

仮想空間を現実空間に反映(AR)し、それを違和感なく体験(VR)することを目指す技術です。

AR技術を利用したアプリ

商品を目の前で確認できるアプリ「Augment」

1