1. まとめトップ

ファーストクラスの立役者 ファンション監修 軍地彩弓さんとは

沢尻エリカさん主演のドラマ「ファーストクラス」ドラマの内容もさることながら、舞台がファッション雑誌の編集部ということで、2014年の先端ファッションが盛りだくさんでした。そんなドラマのファッション監修をされていたのが軍地さんです。

更新日: 2017年04月27日

campaneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 31774 view
お気に入り追加

1964年  茨城県生まれ

1984年  中央大学文学部哲学科社会学専攻入学
学生時代からリクルートでプランニングの仕事に関わる。ここでマーケティングの基礎を勉強。
同時にフリーランスライターとして講談社発行の男性ファッション誌「Checkmate」で情報ページを担当。

1988年 同校卒業
大学卒業後、講談社にて女性誌「ViVi」でフリーランスのファッションライターとして約15年間従事。
20代の女性のファッションマーケティングに携わり、ファッションページから数々の流行を生み出す。

2000年 「ViVi」が赤文字女性誌界のトップになる。
この当時、渋谷を中心とした109ファッションブームの火付け役として、数々のヒットアイテムを生み出す。
安室奈美恵、浜崎あゆみなどをファッションアイコンに起用して、「ViVi」はギャルファッションの
ムーブメントを作った。

2000年以降、日本のGirlsマーケットにセレブブームを巻き起こす。
パリス、ブリトニー・スピアーズなどをいち早くピックアップして、セレブブームを生み出す。

2003年
「ViVi」のお姉さん誌として「GLAMOUROUS」を立ち上げ、企画メンバーとして関わる。
ファッションディレクターに就任して、ファッションページの企画、ページ製作など全般に渡って関わる。
「GLAMOUROUS」では日本市場に初めてアラウンド30、エイジレスというコンセプトを持ち込む。

今の“リアル”な女の子たちが見て、そこから吸収して自分のスタイルに取り込んでいけるファッション誌を

個人の会社となるグミグミ(gumi-gumi)を設立。今まで通り、広告、カタログ、単行本の編集やヴィジュアル制作に加え、プランニングやコンサルティング業などに取り組んでいく。

軍地彩弓「コンデナスト・スタジオ」ディレクターが6月30日で退職し、7月1日付けで田中杏子・編集長率いる「ヌメロ トウキョウ」のエディトリアル・ディレクターに就任

2016年には戸建てのデザインまで手がけられています!

ナチュラルで優しいマテリアルに包まれ、有機的な暮らしを叶えるオーガニックの家。

エディトリアルやファッションの世界だけでなく、ますます軍事さんの活躍の場が広がっているようです!

こんなオシャレな家に住みたいです。

アーリーアメリカンの定番ともいえる、よろい張りを外壁に採用。板を重ねた部分が、陽光の角度によって壁面に整然とした美しいパターンを描きます。伝統と格式、素材さを併せ持った佇まいを醸し出します。
引用元:https://suumo.jp/ikkodate/tokyo/sc_nerima/nc_86622472/

増作壁をROOM BLOOMのナチュラルカラーでペインティング。キッチンにはカウンターも完備され、朝はゆっくりとコーヒーを飲みながら寛ぐこともできます。

引用元:https://suumo.jp/ikkodate/tokyo/sc_nerima/nc_86622472/

「OrGA」ではリビングダイニングのフローリングや手すりなどに無垢材を使用しています。上質な肌触りと美しさ、独特のぬくもりをご体感下さい。
引用元:https://suumo.jp/ikkodate/tokyo/sc_nerima/nc_86622472/

軍地さんプロフィール

1