子ども(未成年者)を対象とした遺伝子検査について,「将来の自由意思の保護という観点から,未成年者に対する遺伝学的検査は,検査結果により直ちに治療・予防措置が可能な場合や緊急を要する場合を除き,本人が成人に達するまで保留するべきである」

出典http://www.hiroshima-u.ac.jp/upload/19/idenshi/2010_12.pdf

不完全ながら、もしかしたら将来を大きく左右しかねない子供の遺伝子検査については慎重な意見が多いようです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

自分の運命が簡単にわかっちゃう!? DeNAも参入『遺伝子検査』が人生を変えるかも

国内外で「遺伝子検査サービス」が盛況を見せつつあります。自分の将来的な病気のかかりやすさや体質など、数百項目について統計学的に遺伝的な運命を知る事ができるこのサービス。DeNAも参入を発表した「遺伝子検査サービス」についてまとめます。

このまとめを見る