貸金業者から借りた場合の時効は「5年」、個人から借金した場合の時効は「10年」です

出典消滅時効期間は5年か10年か(保証協会や信用金庫などについて) | 松谷司法書士事務所

※ここで言う「貸金業者」とはサラ金などの消費者金融、銀行、信販会社などを指す。ちなみに信用金庫の債権の時効は10年(最判昭和63・10・18民集42・8・575)。

ー商法第522条
「商行為によって生じた債権は、この法律に別段の定めがある場合を除き、五年間行使しないときは、時効によって消滅する。」

ー民法第167条
「債権は、十年間行使しないときは、消滅する。」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

借金がチャラになる!?「消滅時効の援用」って何?

貸金業者(サラ金などの消費者金融、銀行、信販会社)からの借金(債務)は時間が経つと時効により消滅しますが、内容証明郵便による『消滅時効の援用』をしなければなりません。債務整理の手続きでも用いられる『消滅時効の援用』。まずは弁護士、司法書士、行政書士など法律の専門家に相談するのがおすすめです。

このまとめを見る