第1・・強い限定をかけられて・・・軍事的貢献は国際社会の期待を裏切る。
 第2・・集団的自衛権の行使・・は、結局のところアメリカに軍事的に依存・・実効性はない。
 第3・・「日本自身がいかにして戦うのか」という哲学が欠落している。・・自身が・・戦えるシステムを構築しなければ、同盟国や友好国の軍事支援は実効性を持ち得ない。

引用元: 歴史的な「集団的自衛権行使容認」に対するアメリカ、オーストラリアの冷めた視線:JBpress日本ビジネスプレス.

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41169

前へ 次へ