1. まとめトップ

炭鉱スコアって何?これであなたもサッカー通!? スコア呼称まとめ 【〇〇スコア】

これを機に覚えよう!夢のスコア、無慈悲なスコア、炭鉱スコア、サウジスコア、サカつくスコア、フェイエスコア、タヒチスコア。

更新日: 2017年04月08日

14 お気に入り 87493 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

junjunjun1stさん

ブラジルの歴史的大敗でTwitterでは炭鉱スコアが話題に・・・

サッカー界隈では7-0のことを炭鉱スコアというらしいが誰が上手いことを言えと まぁ7-1だったのでセフセフ

炭鉱スコアって何?

サッカー通の間(主にネットやSNS)では、特定のスコアに、印象深い試合や出来事の名称を付け、「“○○スコア”じゃねーか!」とか、「〇〇スコアは回避したい!」という風に試合のスコアを語るノリがある。
いくつかのスコアの名称さえ覚えておけば、あなたもすぐにサッカー通です(笑)。
それでは、○○スコアについて説明してまいりましょう。

【 5-0 】 夢のスコア

38’ [1 - 0] コクー
42’ [2 - 0] オーフェルマルス
71’ [3 - 0] ベルカンプ
80’ [4 - 0] ファン・ホーイドンク
83’ [5 - 0] ロナルド・デ・ブール

ワールドカップGL第2戦にて5-0で完敗した韓国。
韓国人のネットユーザーの自嘲気味な書き込みが元ネタであり、それを日本人が機械翻訳したものが「夢のスコア」である。その自虐的で、何とも言えない哀愁を誘う響きで呼称が定着した。
「夢スコア」「夢スコ」と略すこともある。
(1998.06.20 FIFAワールドカップ1998 フランス スタッド・ヴェロドローム)

【 6-0 】 無慈悲なスコア

20’ [1 - 0] 石毛秀樹
22’ [2 - 0] 石毛秀樹
32’ [3 - 0] 早川史哉
42’ [4 - 0] O.G. (キップ・コルヴェイ)
56’ [5 - 0] 南野拓実
80’ [6 - 0] 早川史哉

http://soccer-douga.com/douga/3144/

U-17ワールドカップにて若き日本代表がニュージーランドを完膚なきまでに叩きのめした試合。
FIFAの公式マッチレポートにて「無慈悲なスコア」と称されたのが由来。
「無慈悲スコ」と略す人も。
(2011.06.30 FIFA U-17ワールドカップ2011 メキシコ エスタディオ・ウニベルシタリオ)

【 7-0 】 炭鉱スコア

2010年ワールドカップGL第2戦でのポルトガルのゴールラッシュ。
Jリーグでもおなじみのチョンテセ、安英学らを擁する北朝鮮も全く歯が立たず。
7-0の大敗に、北朝鮮選手らが炭鉱送りにされるのでは…と心配された試合。
実際、1966年のワールドカップで快進撃をみせ、準決勝でポルトガルに逆転負けをしたときは炭鉱送りにされたそうです。チョンテセ選手もこれについて言及しています。
「炭鉱スコ」とも略されます。
(2010.06.21 FIFAワールドカップ2010 南アフリカ グリーン・ポイント・スタジアム)

【 8-0 】 サウジスコア

20’ [1 - 0] クローゼ
25’ [2 - 0] クローゼ
40’ [3 - 0] バラック
45’ [4 - 0] ヤンカー
70’ [5 - 0] クローゼ
73’ [6 - 0] リンケ
84’ [7 - 0] ビアホフ
91’ [8 - 0] シュナイダー

2002日韓ワールドカップGL第1戦。
初戦で意気込みを見せたかったサウジアラビアも、ドイツの高さとパワーに圧倒され、為す術もなかった。クローゼはハットトリックを記録。ワールドカップ通算最多得点16の記録を持つクローゼだが、この試合がもたらした恩恵はかなり大きいともいえるだろう。
「サウジスコ」とも略す。
(2002.06.01 FIFAワールドカップ2002 日韓大会 札幌ドーム)

【 9-0 】 サカつくスコア

セガから発売されている、サッカークラブ経営シミュレーションゲーム。通称は「サカつく」。
どんなに強くしても、スコアの上限が9点までとされているため、9-0以上にはならないことから。

【10-0 】 フェイエスコア / タヒチスコア

25’ [1 - 0] ジョナタン・レイス
39’ [2 - 0] アフェライ
47’ [3 - 0] ジョナタン・レイス
49’ [4 - 0] トイヴォネン
55’ [5 - 0] レンス
59’ [6 - 0] ジョナタン・レイス
62’ [7 - 0] ジュジャーク
69’ [8 - 0] エンヘラール
77’ [9 - 0] ジュジャーク(PK)
87’ [10 - 0] レンス

オランダリーグ第10節、PSVアイントホーフェンがホームでフェイエノールトを迎えての一戦。
名門フェイエノールトが敵地にて精彩を欠きまさかの10-0。
衝撃的なスコアで、今でも欧州サッカーファンの脳裏に焼き付いている。
「フェイエスコ」とも略します。
(2010.10.24 オランダ エール・ディヴィジ第10節 フィリップス・スタディオン)

05’ [1 - 0] フェルナンド・トーレス
31’ [2 - 0] ダビド・シルバ
33’ [3 - 0] フェルナンド・トーレス
39’ [4 - 0] ダビド・ビジャ
49’ [5 - 0] ダビド・ビジャ
57’ [6 - 0] フェルナンド・トーレス
64’ [7 - 0] ダビド・ビジャ
66’ [8 - 0] フアン・マタ
78’ [9 - 0] フェルナンド・トーレス
89’ [10 - 0] ダビド・シルバ

2013年のコンフェデレーションズカップでの一戦。
オセアニア王者だが選手構成はアマチュア中心のタヒチ代表に世界王者が猛攻を見せた。
何とか一矢を報いようと最後の最後まで必死にハードワークするタヒチに、スペインも敬意を払い、最後まで全力で闘った。FIFA主催の公式大会本戦における最大得点差記録を更新した。10-0のスコアでも、お互いを尊重したフェアプレーもあり、非常に清々しい試合となった。
「フェイエスコ」と並び、「タヒチスコ」も市民権を得た。
いまでは10-0といえば「タヒチスコ」だ!という人もいるとかいないとか。
(2013.06.21 コンフェデレーションズカップ2013 マラカナンスタジアム)

【 7-1 】 にも呼称がつく?

準々決勝にて、ネイマールを負傷させたコロンビア代表スニガの名前を推す人も。

5-0(夢のスコア) 6-0(無慈悲なスコア) 7-0(炭鉱スコア) 8-0(サウジスコア) 9-0(サカつくスコア) 10-0(フェイエスコア) 7-1(スニガスコア)←NEW!!

今回のドイツブラジルを受けて、これから7-1の試合があったときは、ネイマールがいなければここまで酷いスコアにならなかったということで、「スニガスコア」でいかがでしょうか?

1 2