1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

強行すると見られていたミサイルの発射は、現段階ではとりあえず見送られたようだが、軍事パレードでKN-08を公開したことから、北朝鮮は米国本土に達する長距離弾道ミサイルの開発は継続し、今後も発射カードをちらつかせるだろう。

ところで、金正恩氏は、あれほどアピールしていたミサイル発射を、なぜ今回は見送ったのだろうか。その判断の裏には、中国の存在が見え隠れする

北朝鮮は何をやるか分からない、だから恐いという状況がつくられますが、北朝鮮がある日突然我が国に向けてミサイルを撃つという可能性は限りなくゼロに近いと思う。朝鮮の脅威を煽って利益を得たい国やグループなどが騒いでいるだけです。国際政治は腹黒いのです。他国もよくミサイルを撃っています。

本日早朝、北朝鮮から短距離弾道ミサイルとみられる発射体が撃たれたのを受け、日本政府は北京の大使館ルートを通じて北朝鮮側に抗議しました。(阪谷)

そしてその報道して来たのは日本メディアだと気づかない似非保守。@toshio_tamogami 北朝鮮が本日早朝日本海に向けて弾道ミサイルを2発発射したというニュースがありました。しかしミサイルは他の国が撃ってもニュースになりませんが、なぜか北朝鮮の時だけニュースになります。

1