1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

スマフォに採用!割れなくて曲がるガラス「Dragontrail X」がとにかく凄い!!

今年1月に旭硝子は「Dragontrail X」を発表しました。この特殊ガラスは、板ガラスや窓ガラスなどに使われる一般的なソーダライムガラスの8倍の強度があり、これまでのDragontrailと比較しても30%の強度向上を実現しています。ガラスなのに割れなくて曲がるガラスとはどんなガラスなのか・・・

更新日: 2014年07月11日

samuraionさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
76 お気に入り 92387 view
お気に入り追加

-Dragontrail X(ドラゴントレイル エックス)

とにかく割れなくて、曲げれるらしい・・・

世界最大手のガラスメーカー旭硝子株式会社が開発した「Dragontrail」は、スマートフォンやタブレットPCに使われるカバーガラス向けの強化ガラスです。

アルミノケイ酸ガラス(アルミノシリケートガラス)を原料とした強化ガラスで窓ガラスをはじめ板ガラスとして最も一般的に使用されているソーダ石灰ガラスに比べて6倍の強度がある。

スマートフォンやタブレット型端末は常に持ち歩いて使用されるため、軽く薄いことが求められる一方、外部からの圧迫や衝撃、こすれなどに強いことが求められる。

Dragontrailはそうした需要に答え、かつ、鉛やヒ素などの有害物質を含まない環境配慮を実現している。

今後も需要が増加する全世界のモバイル端末向けのカバーガラスとして安定供給が可能であり、旭硝子は売上高300億円以上を目指す。

Dragontrailを採用した製品は・・・

スマートフォンiPhone 5, 5s, 5cに対応した液晶保護ガラスプレート

ディーフ株式会社(社長:荒木 徹、本社:東京都港区)は、スマートフォンやタブレットPC用カバーガラス向け化学強化用特殊ガラスDragontrail(ドラゴントレイル)を採用した、アップル社製スマートフォンiPhone 5, 5s, 5cに対応した液晶保護ガラスプレート「Chemically Toughened Glass Screen Protector for iPhone 5/5s/5c」(型番:DG-IP5GD510)を6月初旬より発売します。

旭硝子株式会社の開発したDragontrailは、一般的なソーダライムガラスと比較して約6倍の表面強度を持っています。

これまでスペックとして記載してきた、鉛筆表面硬度の最高レベル9Hを越えて、鉱石などの硬さを示すビッカーズ硬度でHv673と大変硬いものです。

ガラスのカットデザインは指触りの良い大きなカーブを有したエッジ加工を施しました。それはまるで、腕時計に使われているガラス(風防)を思わせる優しいカーブです。スピーカーやホームボタン周りもCNCによる精密切削加工の後に、丁寧にエッジ加工を施してあります。

KDDIが夏のスマートフォンとして発表した京セラ製 URBANO

一見すると透明度の高い樹脂製クリアパネルのようですが、タッチ面はガラスらしい透明感と触感、軽く叩いてみてもコツコツとガラスらしい音がします。

2014FIFAワールドカップのベンチのガラスルーフにも採用

日本の技術力を世界にアピール

ワールドカップに技術を送り込む日本企業の1つは旭硝子(AGC)。同社は、競技者用ベンチ向けガラスルーフを今大会の12会場のすべてに提供している。

SONY スマートフォン『Xperia Z』?

色々と事情があるようでハッキリとは答えてくれませんが、別のリーク情報によれば旭硝子製の強化ガラス「Dragontrail」が採用されているといわれております。「Dragontrail」は傷に強く、質感が高いという特徴を持ち、iPadにも採用された実績を持ちます。

CES 2013で発表されたソニー『Xperia Z』の落下・防水テストの動画が公開されました。
動画では胸の位置から床に落下させ、その後、水槽へ投入する様子が収録されています。

iPad2との噂も・・・

1 2





日ごろの「ちょっと」気になるネタを、私の視点でまとめてみました。