1. まとめトップ

エジプトのピラミッドの謎!ギザの大ピラミッドはどうやって作られた?

エジプトのピラミッドには、様々な謎があると言われています。4000年から6000年以上も前に作られたピラミッドについてまとめました。

更新日: 2018年08月12日

10 お気に入り 166559 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

深まるピラミッドの謎

古代エジプトにおけるピラミッドは、巨石を四角錐状に積み上げ、中に通路や部屋を配置した建造物である。王が天に昇る階段としての役割や、その斜めの外形が太陽光を模したものであるとも考えられている。

1990年代に入ってからギザの大ピラミッド付近でピラミッド建造に関わったとされる住居跡と墓が見つかり、豊かな生活物資や住居人のミイラ(身分が高くないとミイラにはされない)が発見されたことなどから、奴隷ではなく専属の労働者がいたことが明らかになった。

人類最初のピラミッド

ジェゼル王は、台形だったピラミッドを6段重ねたものにして、最初のピラミッドを建設した人物と言われています。「階段ピラミッド」と呼ばれています。

サッカラのピラミッドともいう。典型的な階段ピラミッドであり、単に階段ピラミッドともいう。史上初のピラミッドとも言われ、その建設方式や宗教的理念は後代のエジプト社会に大きな影響を与えた。

ピラミッドの巨大化

ピラミッドの周囲を埋め尽くす土盛は、もとは巨大な傾斜路だった。四方にまんべんなく残っていることから、ピラミッドをとりまくように造られたか、シンキのピラミッドと同じように四方向の傾斜路を持っていたのだと思う。

スネフェルは、ピラミッドをいくつ建設しており、ピラミッドの巨大化した人物とされています。

ダハシュールに屈折ピラミッドと赤いピラミッドを作った。メイドゥーム近くのセイラにある小さな崩れピラミッド(英語版)もスネフェルが作ったと考えられている。

赤いピラミッドは、エジプトのダハシュールにある古代エジプト・古王国時代第4王朝のファラオでクフ王の父でもある、スネフェル王が建設したピラミッド。三大ピラミッドなどと共にメンフィスとその墓地遺跡として世界遺産に登録されている。

ギザの大ピラミッド

カフラー王のピラミッド頂上

出典tamile.jp

カフラー王のピラミッドは、頂上に白い装飾石が使われています。

残念ながら現在のピラミッドは盗掘や略奪など醜い歴史に晒され、当時の美しい姿はカフラー王のピラミッドの頂上付近にのみ確認できるほどしか残っていません。

ギザの3つのピラミッドのなかで、カフラー王のピラミッドは頂上付近に建設当時の石灰岩を残しています。灰白色の石灰岩の表面が磨かれて反射率の高い状態で残されています。

世界一高いクフ王ピラミッド

クフ王は、紀元前2589年に即位したファラオだとされています。

世界一高いピラミッドは、スネフェルの次のクフ王によってギザに築かれたギザの大ピラミッドで、勾配は51度52分。底辺は各辺230m、高さ146mに達する。

クフ王の大ピラミッドについて、1978年に大林組が「現代の技術を用いるなら、どのように建設するか」を研究する企画を実行した[1]。それによれば総工費1250億円、工期5年、最盛期の従業者人数3500人という数字が弾き出された。

ピラミッドの建造方法

直線傾斜路説が有力とされていますが、ピラミッドを建設するのに大量の石を必要にすることから、これは現実的ではないとする見方が強くなってきています。

実際に傾斜路を作っていた跡があるのだからしょーがない。不可能に見えようが無駄に思えようが、エジプト人はそうやってピラミッドを作ってきた。

1 2