1. まとめトップ
  2. カラダ

ポキポキッ!つい鳴らしちゃう!「関節を鳴らすクセを直す」方法

ついつい鳴らしていると、関節にダルさ、違和感、痛み・・・症状が出ないうちに鳴らすのをやめましょう!

更新日: 2014年07月11日

193 お気に入り 210342 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mohuxtuさん

なぜ音が鳴るのか

「ポキッ」と鳴る音は、骨や軟骨そのものが摩擦を起こすことで鳴っているのではない

関節は関節包という袋に覆われ、骨と骨のわずかな隙間(関節腔)内に、関節液を(潤滑油)満たしている

関節を急に引っ張たり、曲げると関節内に陰圧を起こし、真空状態となり、この時滑液が気化(キャビテーション)し、それがはじけて消失するとき音を発生する

鳴らすクセはつけない様に

この爽快感は衝撃波をストレッチ効果と感じる説と、滑液内の疲労物質、二酸化酸素等が気化し、四散するのでスキッとする、との説がある

クセとなり関節にダルサ、違和感、痛みが出ると病的状態となり、関節を鳴らすと、少し楽になるのでさらに鳴らす、関節はさらに炎症し肥大化を増す

首を鳴らさなければ首の違和感や肩こりを強く感じてしまい、止められなくなってしまう恐れが

自分以外にも迷惑をかける

指を鳴らすときに出る「ポキポキ」という音で不快に感じる人がいる

出典指を鳴らす癖の心理

指を鳴らす音にものすごく恐怖感があるので、そういう人には暴力的なイメージを持ちます

人によっては、黒板を「キィィィィィィィィー」と引っかかれる音に匹敵する不快感を感じるという人も

出典指を鳴らす癖の心理

ポキポキ鳴らしていると・・・

ポキという気泡音は衝撃波となり、周りの軟骨、骨、靭帯を微細に破壊(炎症)する

傷つく割合としては、軟骨が9割、その他が靭帯・骨といった感じ

出典指を鳴らす癖の心理

指では同一関節を1日10回程度、1ヶ月続て指を鳴らすと、炎症をおこし関節が太く

なかなか鳴らないといって、繰り返し挑戦しているうちに、頚部の筋肉や関節を痛めてしまう

もしも鳴らしたくなったら

指を鳴らしたら、「罰金1000円」とか「デコピン」とか、そうやって自分を制御していく

出典指を鳴らす癖の心理

徐々に自分が指を鳴らしていることに対する意識を強くしていくことが大事で、続けていくうちに、「あ、指を鳴らす頻度が減ってきたな。」と思える日が来る

出典指を鳴らす癖の心理

無理やりやめる方法

円筒形、脱着可能の薄いプラスチック製ギブスを指に巻き鳴らせない様にする

参考動画

1