1. まとめトップ

twitterの活用について

更新日: 2014年08月15日

mkijiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 354 view
お気に入り追加

twitterの考察

▶twitterの使い方
・リストをいくつも作れる
・キーワードで検索をかけれる
・自分のつぶやきページをRSSリーダーで登録しておくことで全部残せる
・RTのみでも自分の考え方や興味を持っていることを知ってもらうことができ、またヒントを
 くれた相手への感謝と応援を同時にすることもできる。

▶興味のある分野の人たちを片っ端からフォローしてってみる
・読む量のコントロールはできる。残したい情報は残せる。
・取りたい情報を取れるようにすることと、自分の発言力を強めたい、実現しやすく
 しておきたい。
・インプットの強化というところでフォローする人を増やしていくと、以下のルールを越える
 必要がある。
 ■2000人ルール「twitterでフォロアー数に関係なく自分がフォローできるのは2000人まで」
  「相互フォロー」の活用(フォロー解除&新規フォロー)でクリアが可能。
 ■10%ルール「twitterではフォロアー数の10%増の人数しか、フォローできない」
  このルールに入ると、わざわざ自分がフォローしている人を解除しなくても、誰かに新たに
  フォローしてもらえれば自分のフォローできる人は増えていく。

▶フォロー解除した枠でどういう人をフォローすればよいか。
・興味の軸で最新のつぶやきからフォローする(まさに今twitterを使っている人であれば、
 フォローを返してくれる可能性は高い)
・フォロー数、フォロアー数の多い人をフォローする(相互フォローのルールをよくわかって
 らっしゃる)

▶注意点
・twitterをやってて家に侵入された女性が増えている。iPhoneの人は「設定⇒一般⇒位置情報
 サービス⇒カメラ」をOFFにしておくこと。これがONだと写真に撮影した場所のGPS情報が
 埋め込まれてしまう。
・リフォローはするが、DMは見ない。それも『最近DM見てないなぁ』とつぶやきながら。
 強烈なクレームをする方は、自分の世界で語るタイプだから。

▶Twitter活用方法
・Twitterのようなソーシャルメディアは多くのサポーターを集める必要がありながらも
 お金をかけることが難しいNPOにこそ有効な手段であるはずなのに、それを使わないなんて
 モッタイナイ!
・NPOの目的は簡単に言ってしまえば、行っている活動の趣旨を理解してもらい、賛同して
 もらえる人を数多く集め、その支持を長くつなぎとめておくこと。これは企業の活動目的と
 ほぼ同じ。違いは、企業はその製品やサービスによって利益を上げることができるから、
 広告に多くの資源を投入できるが、NPOは活動に資源を投入するために広告に使える資源が
 非常に少ない。支援者を集めることは重要だけど、そのためにかけるお金も労力もない、
 それがNPOの悩みなのではないか。実は、その悩みを解決するものこそがTwitterに代表される
 ソーシャルメディア。ソーシャルメディアに労働力以外に費用はかからない、しかも、
 その労働も広告活動に浪費されるのではなく、新たな喜びと可能性を生み出す貴重な時間にも
 なる。

1.まずはフォロワーを増やす
・伝えたい情報がある場合、その受け手を増やさない限り、その情報は伝わってゆかない。
 RTという口コミで情報が伝わっていくTwitterではまずフォロワーを獲得することが情報を
 伝播するために重要な要件になってくる。
・Twitterをはじめたらまずはフォロワー数を増やすことを目指そう。ただ、それは単に
 フォロワー“数”を増やすことではない。情報の伝播を効率的にできるようなフォロワーを
 増やすことが重要だ。そのためのカギとなるのは、コミュニケーションと影響力。
2.リプライはこまめに。
・フォロワーがある程度増えると、情報を発信するたびに、その情報に対するリプライが
 帰ってくるようになる。そのリプライは単に情報をさらに伝播するRTであったり、具体的に
 意見を投げかけてきたりさまざまだが、基本的にそのようなリプライにはすべて返事すべきだ。
 リプライを返してきた人たちはあなたとのつながりを求めており、会話をしてゆくことで
 生まれる絆は何よりも貴重なものだ。リプライを返してくれるようなフォロワーと
 コミュニケーションをとっていくことで、そのフォロワーとのつながりが強くなり、
 あなたが情報を発信するたびにその情報をさらに広めてくれるようになる。
 それがフォロワーのフォロワーとの出会いのチャンスであり、結果的にフォロワーが
 増えることにつながる。

3.重要なワードは検索で
・フォロワーのフォロワーとつながっていくことでフォロワーを増やしていくと、言い方は
 悪いが「質のよい」フォロワーを獲得できる。ただ、そのようなフォロワーは興味の対象が
 偏っていることも多い。そんなときには、検索を利用するのが有効だ。
・検索して引っかかってきたユーザに話しかけたり、フォローしたりすることで、そのユーザと
 つながっていくことができるのだ。まず必ずやっておくべきなのは、あなたの団体名で常に
 検索をしておくこと。ウェブサイトやブログや新聞記事やイベントなどであなたの団体に
 接した人がポロっとそのことにつぶやくことがあったら、その人があなたの団体に興味を
 持っていることは間違いない。そういう人たちとは積極的にコミュニケーションを
 とっていこう。次にやるべきなのは、たとえばあなたの団体が紅茶のフェアトレードを
 推進しているNPOだとしたら、「紅茶 フェアトレード」というワードで検索を掛けて
 おくことだ。そうすれば、紅茶のフェアトレードに興味があるけれど、あなたの団体のことを
 知らないような人を見つけることができる。また、Twitterを使っている人たちが紅茶の
 フェアトレードについてどんな考えを持っているかを知ることもできる。
4.フォロワーは資産
・このように獲得したフォロワーは、あなたにとってのメディアであり、仲間であり、
 資産でもある。フォロワーはあなたの活動を支えてくれるソーシャルキャピタルになるのだ。
 ソーシャルキャピタルは社会的信用を意味し、その価値はネットワーク上にとどまらず
 現実の活動にもつながってゆく。
・最近発売された「ツイッターノミクス」というソーシャルネットワークについて解説をした
 本(アメリカの本の翻訳)では、このソーシャルキャピタルを“ウィッフィー”と呼び、
 このウィッフィーを増やしていくことこそがこれから企業が生き残っていく上で非常に
 重要だということについて解説している。そしてそれはNPOでも変わらない。
・Twitterでフォロワーを増やし信用を獲得していくことは、そんなソーシャルキャピタルを
 増やすことに直結する。
5.さらにソーシャルキャピタルを増やすには
・フォロワーをある程度増やし、情報を発信していくと気づくのは、影響力のあるフォロワーに
 RTされると、大きなリアクションが帰ってくるということだ。フォロワー数が何万という
 ユーザがあなたのフォロワーにいて、その人があなたのツイートをRTすると、情報は一気に
 広まる。このようなユーザは多くのソーシャルキャピタルを持っているから、そのユーザに
 フォローされることであなたのソーシャルキャピタルも増加するのだ。だから、ソーシャル
 キャピタルを増やすには、影響力のあるユーザと仲良くなることも大事だ。
6.批判的なコメントにこそ丁寧に
・そのようにしてソーシャルキャピタルを増やし、Twitter内での影響力を増してゆくと、
 どんどんコメントが集まるようになってくるが、それと同時に批判的なコメントも
 増えてくる。そういったコメントを見ると、気分が沈んで無視したり、反論したり
 したくなるものだが、感情的にならずに相手の言葉を聴くことが大事だ。批判には必ず
 改善のためのヒントが隠されている。それをうまく引き出して、活動の参考にするべきだ。
 そしてそうすることができれば批判していた人を味方に引き込むことができる。
 また、フォロワーとのコミュニケーションがうまく言っていれば、あなた自身が
 反応しなくても、フォロワーがその批判に対応してくれるなんてこともある。
 あなたのフォロワーはチームとなって批判によって投げかけられた課題を議論し、
 新たなアイデアへと導いてくれるようになるのだ。

7.負担は分散
 ここまで読んだところで「大変そうだし、それには専従のスタッフが必要なのでは?」と
 思ったのではないだろうか?確かにすべてのリプライに対して返事をし、検索した結果に
 対して積極的にかかわっていくには時間と労力が必要だ。しかし、必ずしもこれを一人でやる
 必要はないし、始終Twitterをチェックしなければならないというわけではない。
 リプライや検索結果はあとでまとめて返事をすることもできるし、曜日や時間によって
 担当を替えてもいい。担当を替えたとしてもそのことが明らかになっていれば、複数の
 「中の人」それぞれのキャラクターが生まれてきて、フォロワーはそれを楽しむように
 なっていく。重要なのは、責任の所在を明らかにしておくことだ。なんとなく手が空いた人が
 見る、ということにすると忙しいときには誰もTwitterの世話をしなくなり、「無視された」と
 考えるユーザが生まれてしまう。それはその人の信用を失うだけでなくそれを見ていた
 ほかのユーザの信用を失ってしまうことになる。
8.コミュニケーションは楽しい!
・なんだか、信用を失うとかいろいろなことを書いてしまったので、逆にしり込みしてしまう
 人もいるかもしれない。でも、やってみるとTwitterを通したコミュニケーションというのは
 すごく楽しい!最初は仕事だという気持ちでやっていたとしても、ユーザの一人一人と
 つながっていくうちにやるのが楽しくなってしまうに違いない!あのソフトバンクの
 孫正義社長も本音を出すようになったら、楽しくなって“外脳”という言葉でtwitterを
 表現した。その”外脳”は後にさらに発展して集団知という意味の“合脳”という言葉になる。
・じっさい、Twitterを使うと自分の脳が拡張するかのような感覚を味わうことがある。
 それが楽しくってついついはまってしまうのだ。NPOならば、この脳が拡張するという
 感覚は、外部に何人ものブレーンを抱えるようなものだ。“人”が資本となるNPOにとって
 ソーシャルメディアは宝の山、これを有効活用しないなんて本当にモッタイナイ!
9.Twitterはリアルのイベント時にこそ真価を発揮する
・そして最後に、Twitterが最大の力を発揮するのが実はリアルのイベントを開催するとき
 である。Twitterの一番の強みは口コミ力とリアルタイム性である。あなたがある程度の
 フォロワー数を集め、ソーシャルキャピタルを獲得していれば、面白そうなイベントの
 告知をしたらその情報はあなたのフォロワーからそのフォロワーへと一気に広まっていく。
・駅にポスターを貼ったり、ラジオで告知したりするよりもはるかに効果的な広告になるのだ。
 しかも広告費は不要。またリアルのイベントには、深い議論にはあまり向かないという
 Twitterの弱点を補うという利点もある。Twitter上での会話の中で生まれた疑問点や問題点を
 現実に顔をあわせて議論し解決してゆく。さらにはそれがUstで流されることで実際には
 参加していない人たちの関与も促していく。Twitterは果てしなく人と人とがつながってゆく
 スタート地点に過ぎないのだ。

・Twitterは“人”によって成り立つNPOにとって非常に有用かつ相性のいいツールである。
・Twitterを通して多くの“仲間”を集めれば活動の幅も規模も広がっていくに違いない。
 何よりも大切なのは、そんな仲間とのコミュニケーションを楽しみ、一緒になって活動を
 盛り上げていくことだ。Twitterはツールに過ぎない。
・しかしそれを利用して作られるコミュニケーションは計り知れないほど大きな財産になる。

■カスタマーサポート
・ベストバイがインバウンドで質問してくる顧客へのサポートなのに対して、コムキャストは
 自らアウトバウンドでトラブルユーザーを発見する点がさらに新しい点だ。そのような
 能動的なカスタマーサポートは「アクティブサポート」と言われるTwitterならではの使い方だ。
・Twitterはリーチではなくつながりが大切だ。広く浅くのマスメディアとは対極で、Twitterは
 狭く深く突き刺さるメディアだ。また「今週」「今日」「来週」「誰でも」のような常設型
 ではなく、「今だけ」「一組だけ」「思いついた」「先着/あなた」といったゲリラ型
 プロモーションがよく効くようだ。

twitterとのつきあいの変遷

この辺で、自分の今の時点でのtwitterに対しての考え方をまとめておこうと思います。
「今の時点での」って書いたのは、僕はtwitterを使い始めてから用途が少しずつ変わってきているからです。この先も変わっていくかもしれないので、あくまで現時点での考え方です。

■第1期:twitterに慣れる

まず、僕はtwitterを知り合いから勧められました。で、「twitterってのがあって、楽しんでる人が増えてきてる。おもしろければやってみたいな。」くらいで始めました。
そして、有名人をフォローしてみたり、友人をフォローしてみたり、ニュースに登録したり、リアルタイムに会話ができることを楽しんでみたり。
TimeLine(TL)をいくつも作る、という概念を持っていなかったので、あまりtwitterで知らない人のつぶやきばかりになるとおもしろくないなぁ、と思ってフォローする人もあんまり増やしませんでした。

■第2期:twitterを情報ソースにする

そのうち、twitterでリストをいくつも作れることに気づきました。そして、キーワードで検索をかけれることも知り、さらにtwitterのつぶやきは残っていかないと思っていたところ、自分のつぶやきページをRSSリーダーで登録しておくことで全部残せることがわかりました。ということで、「興味のある情報を自分のメモとしてtwitterで取ってきて、残せるじゃないか!」ということに気づいたのがこの時期です(その後に、TweetBackupにバックアップサービスを変更。テキスト保存ができるんで、こちら超便利!)。
そして、僕の場合ですが、「芝浦」「サイクリング」「自転車」「転職」「ドリプラ」とか自分の興味のあるキーワードをつぶやいた人たちがリスト化されるようにTweetDeckでリストを作り、その人たちのつぶやきから興味のあるつぶやきを自分がリツイート(RT)することで自分のつぶやきとし、自分のRSSに残るようにして自身の情報収集とブラッシュアップを進めていきました。
そしてRTでの他の人とのやりとりは、RTのみの場合でも自分の考え方や興味を持っていることを知ってもらうことができ、またヒントをくれた相手への感謝と応援を同時にすることもできることを知っていきました。

■第3期:twitterでの発言力を強める

そして、次の段階に入っていきます。いろいろRTを通して自分の世界にいなかった人たちと交流をするようになってくると、その人たちに自分のつぶやきも読んでもらえるようになります。そこで反応が返ってくるのが、楽しくなってきたりします。
僕は、これまでもイベント企画などで「仕掛ける側」での動き方をすることが多かったので、なるべくたくさんの人たちにアプローチしていく方法としてのtwitterに可能性を感じだしました。
そこで、興味のある分野の人たちを片っ端からフォローしてってみる、ということをやりだしました。

読む量のコントロールはできる。残したい情報は残せる。

あとは、取りたい情報を取れるようにすることと、自分の発言力を強めたい、何かしたいと思ったときにそれが実現しやすくしておきたい。そう考えました。

そうなると、まずはインプットの強化というところでフォローする人を増やしていきます。

<2000人ルール>
すぐにtwitterの隠された1つ目のルール、「2000人ルール」にぶち当たりました。
このルールは、「twitterでフォロアー数に関係なく自分がフォローできるのは2000人まで」というルールです。誰もフォロアーがいないのに、10000人もフォローすることはできません。

ここで、「相互フォロー」という言葉の意味がわかってきます。
「そうか、自分がフォローしたい人をこの先もフォローしていくためには、2000人の人にまずフォローしてもらわないといけないんだ。」

で、フォローしてみたけども発言をしない人、あんまり読みたいつぶやきでない人からフォロー解除していきます。(これが自由なところがtwitterの良さ)
で、また新しくできた枠で、自分の興味のあるつぶやきをしている人をフォローしていきます。

これを繰り返せば、2000人を超えることもできます。
ただ、2000人ルールを超えても、twitterにはもう一つルールがあります。それが「10%ルール」と呼ばれているものです。

<10%ルール>
このルールは、「twitterではフォロアー数の10%増の人数しか、フォローできない」というものです。要は、1000人にフォローされていれば1100人フォローできます。3000人にフォローされていれば3300人フォローすることができます。そういうルールです。

このルールに入ると、わざわざ自分がフォローしている人を解除しなくても、誰かに新たにフォローしてもらえれば自分のフォローできる人は増えていく寸法になります。

ただ、これも非常に時間がかかります。
で、「いいツールがないかな。。。」と思っていた矢先に見つけたのが、just unffolowというサイトでした。
このサイトは「自分がフォローしているユーザのうち、自分との相互フォローが確立されていないユーザ」を一発でリストアップしてくれます。

「自分はその人のつぶやきを読んでいるけど、相手は自分のつぶやきには興味がない」という人を選別することができます。リストアップされた人のうち、それでも興味があればフォローを続ければいいし、そうでもなければ一旦フォロー解除してしまっても良いと思います。
またフォローするかもしれないし、自分の目的は「発言力を強めること」です。そのために相互フォローが必要なことがわかっていて、それを相手が望んでいないなら、「方向性の違い」以外の何物でもありません。

で、それではフォローを解除した枠でどういう人をフォローすればよいか。個人的な見解ですが、興味の軸とスタンスの軸のバランスがあり、またアクティブかそうでないかも大きな違いとなるので、
・興味の軸で最新のつぶやきからフォローする(まさに今twitterを使っている人であれば、フォローを返してくれる可能性は高い)
・フォロー数、フォロアー数の多い人をフォローする(相互フォローのルールをよくわかってらっしゃる)
・「#followme」などのハッシュタグを使っている人をフォローする(こちらも、フォローを返してくれる可能性が高い)

で、自分でもしっかり自分の軸が伝わるようにつぶやいていく。
僕の場合、自分のやっていきたい自転車文化作りや港区での地域作り、神戸をはじめドリプラの仲間作りのためだったり、転職エージェントとして「求職者がどんなことを考えているか」のベンチマークの収集や、求職者にアプローチできるチャネルを増やすためにtwitterをやっているので、小遣い稼ぎを目的としてる方たちとはやり方は異なるのかもしれませんが、似てると思います。

あくまでtwitterを使ってる人は一部だ、という認識はありますが、自分の夢のためにできることは大小問わずしていくことが必要だと思うし、やるべきだと思っています。

いつかやるより今からやる!

twitter関連ツール

■フォロー解除ツール
・人事ったー http://www.jinjitter.jp/
 去っていったフォロアーを確認し解除出来るブラウザ上で管理出来るツール。
 誰にリムーブ or フォローされたかを毎日記録し、そのフォロワーさんの累計のリムーブ
 回数&フォロー回数も記録する。リムーブされたという事は相手のタイムランにあなたの
 ツイートが表示されなくなってしまうし、何か原因があるのかもしれないが、
 もうフォローする必要が無いと感じる人には便利なツール。
・Friend or Follow http://friendorfollow.com/
 あなたのことをフォローし返していないのは誰なのか、あなたがフォローし返していない
 のは誰かを調べるツール。フォロー解除系のツールで一番使いやすい。視覚的にみやすく
 表示してくれる。海外サイトだが、自分のツイッタ―ユーザー名を入力するだけの簡単仕様。
・JustUnfollow http://www.justunfollow.com/
 あなたをフォローしていないTwitterユーザーをフォロー解除!これも簡単仕様でフォロー
 解除ボタンを押すだけでOK。
・ManageFlitter http://manageflitter.com/
 フォロー解除を簡単にしてくれる。海外サイトなので少し扱いにくいが機能は充実。
 ブラウザによっては文字化けする事がある。
・SocialToo http://socialtoo.com/
 自動でフォロー返しをしてくれる。1回1回ツイッタ―を開いてフォロワーをチェックする
 時間もないビジネスマンにおすすめ。但しどんなユーザーもフォローしてしまうので、
 気になるのであれば後でリムーブすれば良い。
・16(いちろく) http://www.16uf.jp/
 フォロー解除を簡単に出来る。フォローしていない総数も、表示させることが出来るので
 慎重にリムーブしたい人に。

1





多摩と自転車と読書が好きな立川在住34才のまちづくりコーディネーター。出会ってきた人たちと過ごす日々を大事に、自然に暮らしていきたいなと思う今日この頃です。