1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

かっつくさん

コンビニおにぎり大丈夫か?????

福岡県内の養豚農家であるコンビニの
弁当やおにぎりを母豚に毎日3キロずつ与えたところ、
豚の妊娠期間である114日後のお産で、死産が相次ぎ、
やっと生まれた子豚も、奇形だったり虚弱体質ですぐに死に、
透明なはずの羊水がコーヒー色に
濁っていたという。

コンビニのおにぎりを食べると吐き気がする(気持ち悪くなる)だから、無添加、と言えど何か身体に蓄積する悪いものが入ってるんだと思う

こ、こ、これは?!どうゆう事なの????

コンビニ食の中には、【見た目は食品でも本当に食べ物と呼べるかどうかギリギリのラインの食品】も多くある

現在、ほとんどのコンビニおにぎりは「保存料・合成着色料不使用」という表示があります。
 「なら安心」と思う人もいると思いますが、実は防腐効果のある別の添加物が使われているのです。

コンビニおにぎりは、米と水だけで炊くのではなく、米と炊飯油、pH調整剤、保存料、シリコンなどが使われている

おにぎりを「夏場で製造後四十八時間もつ」
ようにするには、添加物などの“テクニック”が
要る。だが、そのおかげで、私たちはいつでも
どこでも、おにぎりをほおばることができるのだ。

コンビニおにぎりの何が悪いの???

どのおにぎりにも、「pH調整剤」という表示がありますが、これが保存料の代わりになっています。

pH調整剤にはリン酸塩が入っており、摂りすぎるとミネラルを欠乏させ骨粗鬆症の発症リスクを高める

pH調整剤の危険性

実際のところ、pH調整剤は危険なものはほぼありません。
異常な大量摂取でもしない限りは、体に悪いってことはないでしょう。

実はpH調整剤は、天然に存在し、人体にも常時存在する物です。
基本人体には無害であり、安全性は高いと言えます。
 
リン酸塩の過剰摂取により、骨がよわくなるという意見もありますが、pH調整剤など食品添加物の使用量は使用基準が厳しく、入っている総量から考えると、さほど気にする必要はないと言えます。

おにぎり悪くない!!栄養のバランスを考えて!

おにぎりやパンだけ、という組み合わせはどうしても炭水化物に偏ってしまいます。
炭水化物はエネルギーの供給源ですが、エネルギーとして利用するときにはビタミンB1が必要になります。

おにぎりだけでは栄養バランスが偏ってしまうこと。やはり単品では栄養バランスが保てません。お味噌汁をつけたり、お漬物やサラダを一緒に食べるようにしましょう

おにぎりに加えて、具沢山のおみそ汁や、おひたしやひじきの煮物などの野菜や海藻類をセットにしたいものです。

コンビニお弁当はその性質上、揚げ物が多かったり、添加物が含まれていたり、全部の栄養素を摂ろうとするとカロリーがとても高かったりと
調整に不向きなので、ワカメのお味噌汁+酢の物をつけるとか自分でアレンジしてバランスをとる必要があるのです。

具材を自由に選べるおにぎりは過剰なカロリー摂取を抑えつつ、栄養を取れる理想的な食品です。具材は油物を避け、梅やシャケ、昆布などのシンプルなものをチョイスしましょう。

リンク

1 2