1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今後どうなるの?野々村議員が辞職、そして刑事告発へ

号泣会見や政務活動費で問題となっている兵庫県議会の野々村竜太郎議員が11日に辞表を提出し議員辞職しました。そして県議会は、虚偽公文書作成などの疑いで刑事告発したことを明らかにしました。

更新日: 2016年05月29日

25 お気に入り 119518 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●兵庫県議の野々村竜太郎議員が辞職へ

兵庫県議の野々村竜太郎氏(47)は7月11日、県議会議長あてに辞表を提出し、受理された。

各会派の代表者会議で協議した結果、辞表を正式に受理することを決めた。

当選以降の3年間で345回の日帰り出張を繰り返し、政務活動費から約790万円の不透明な支出をしていた。

・不正利用の疑惑が多数にわたる

領収書のない日帰り出張費計上のほかにも、プリンター購入費18万9047円分と往復はがき370枚、切手10枚の計38,200円分を政務活動費から出していたことや、自身の住居をURとの契約に反し、事務所として不正利用していた疑惑が持たれている。

さらに、アンプ、プロジェクター、パソコン周辺機器購入費約80万円も政務活動費から支出していたと報じられている。

・スーパーでの買い物も事務費として計上

2013年度の収支報告書によると、野々村氏は自宅近くの食品スーパーで、ほぼ毎日買い物を繰り返し、事務費として計上。

クレジットカードで1年間に約450回購入し、1日に3度、同じ店で買い物していることも10回近くあった。

・会見では正当性を主張するも活動内容は不明

今月1日の記者会見では、涙を流しながら正当性を主張しましたが、出張など活動の内容を説明しませんでした。

会見以降は取材に応じていないが、周辺に「タイミングをみて(辞職を)判断する」「金利も含め(過去3年度分の)政活費を全額返還する」などと伝えたという。

・事務局の聴取に対し、出張について間違いなく行ったと再度主張

事務局によると、野々村氏は聴取に対し、2013年度に豊岡市などを日帰りで195回訪れたとして計300万円を支出したことについて「間違いなく行った」とあらためて主張。

しかし、利用した経路などは「記憶にない」「(証明できる資料は)全くない」などと繰り返した。

・市民オンブスマンも11日から本格的に調査を開始

「市民オンブズマン兵庫」は、今日11日にも本格的に調査を開始する。

同団体の森池豊武代表(67)によると、1日に行われた野々村氏の「号泣会見」を受け、同氏の過去3年分の政務活動費などを情報公開請求しており、今日にも公開される予定。

森池代表は「返済して辞職で幕引きされるのは許されない。現行の政務活動費制度の改善を促したい」と話している。

・自民党からも辞職するべきとの声が・・・。

最大会派の自民党から「議員じゃなくても説明はできる。政務費問題と号泣会見は、兵庫県議会基本条例に抵触しており即刻辞職すべきだ」との意見が出ていた。

・過去3年間の政務活動費を全額返還するとも表明している

1 2