1. まとめトップ

国産ステルス機「X-2」搭載ミサイル日英共同開発に 通称『心神』32回目の試験飛行終了】

「X-2」(通称『心神』)は220社の部品メーカーから供給を受け、全体の9割が国産製品。『心神』に関する中国と韓国の反応も記載されています。面白いのは日本と中国のCGによる動画で『心神』日本が大勝利します。必見

更新日: 2017年12月05日

7 お気に入り 658702 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiko30さん

気持ちのいいC・G動画

予定のラストフライト終了の心神の今後

2017年10月30日、防衛省/防衛装備庁において試験飛行を実施していた国産ステルス機、先進技術実証機X-2が最終フライトを実施し、予定されていた全試験を完了しました。X-2は2016年4月22日に初飛行し合計32回のフライトを行い、まず計器動作の確認が行われたのちに高度な飛行制御技術、そして空中におけるステルス性の確認などが実証、検証されました。

X-2自体はT-4練習機のキャノピーや旧T-2練習機の降着装置を流用するなど、実のところとても革新的とは言えない飛行機であり、これが戦闘機として量産化されることはありません

「心神」というニックネームで知られるが、テストパイロットらは一度もその名で呼んだことがないという

ここで検証されたステルスなどの技術を生かして今後も継続して続けて欲しい!

日英、戦闘機ミサイルを共同開発へ

共同研究を行っているのは「JNAAM (統合新型空対空ミサイル)と呼ばれるものです。イギリス、ドイツ、フランスなどの欧州6カ国は「ミーティア」という射程200kmの長距離の空対空ミサイルを開発しました。

試験飛行

2016年5月23日
日本のステルス技術実証試験機X−2が
2回目の試験飛行を行いました。

中国メディアの中網資訊はこのほど、
日本のステルス実証機X2には
突出した性能が2つあると指摘している。
さらに戦闘機の「数」で
日本を圧倒する中国に対し、
技術面で上回ることにより、
地域の安全を守るリーダーとしての立場を
手に入れることが
日本にとってのX2開発の動機である
とも論じている。

突出した性能の1つ目としてステルス性を指摘、
「米国のステルス戦闘機を超えたと日本側は考えている」
と伝えている。
米国機は特殊コーティングによるが
X2機体には電磁波を吸収する複合材料が採用されており、
「日本企業だけがこの材料を開発できると日本は主張している」
と紹介した。

突出した性能の2つ目は高機動性だ。
X2の2つのエンジンには
計6枚の推力偏向パドルが装備されており、
「急上昇、急降下、急旋回などの動作が可能」

突出した性能を持つ実証機の開発に成功した日本の動機に注目。「尖閣諸島(中国名:釣魚島)および東シナ海における長期にわたる緊張した情勢を念頭に、日本は戦闘機の数の点で中国に及ばないことを深く認識しているため、中国に対して技術面でアドバンテージを取ろうとしている」と主張…
…X2のテスト飛行の成功は、今後も日中の緊張関係に一定の影響を及ぼしてゆくことに…

中国メディアの消息時報はこのほど、
X2の開発から「日本が持つ野望」見て取れると論じた…
…X2の研究開発には、
過去にF-2の日米共同開発に携わった技術者が
定年を迎える前に技術を残しつつ、
ステルスなどの先端技術を得るという側面があった…
…日本のF-2は2028年ごろに退役するため、
2018年度中に後継機を
独自開発するか、
それとも他国との共同開発にするかを
決定する必要がある。
ステルス技術で米国などのレベルに到達するのが
非常に困難な日本は、
X2を交渉の切り札にするという主張だ。

Searchina 2016-05-06から↓

X2のステルス性能は確かに高い …中国メディアの「ダメ出し」とは

さらにX2にS型吸気ダクトの実装に
成功した点について、
「これほど細い機体に実装できたのは、
課題に十分に取り組んだからだ」と表現、
日本の技術者の努力と成功を高く評価した。

一部資料によれば、X2の吸気ダクトは
独自設計により複雑に曲げられており、
吸入口がレーダーを反射しにくくするような
独創技術が採用されているという…
…X2に採用されている複合材料およびS型吸気ダクト
がもたらす優れたステルス性能が、
「F-22に自分の至らなさを自覚させ、恥じさせている」
と説明。
X2のステルス性能がF-22を
一部で凌駕していると認めた。

乗りものニュース 2016.04.23から↓

2016年4月22日(金)の午前、防衛省技術研究本部および三菱重工が開発した先進技術実証機X-2が、航空自衛隊の小牧基地(愛知県)において初飛行しました。今後、次世代の戦闘機に必要とみられる各種技術を実証する飛行試験が行われます。

1 2 3 4 5