イスラエルによるガザ地区への攻撃は激しさを増している。7月11日にはイスラエルのネタニヤフ首相はテレビ演説で、国際社会の圧力に屈さずにテロリストへの空爆を続けると発言した。さらに、数日のうちに空爆の規模をさらに拡大させるつもりだという。

ガザ地区への攻撃は、非戦闘員を巻き込むものであり、これまでに確認されているだけでも、死者は女性や子供を含む121人に上っている。このようなイスラエルの現状は、国際社会から多くの批判を集めている。

前へ 次へ