1. まとめトップ

黒胡椒(ブラックペッパー、黒こしょう)アロマ精油は健康&美容に良い?

黒胡椒(ブラックペッパー)の効果・効能などのまとめ

更新日: 2014年09月24日

12 お気に入り 109637 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kookokさん

・黒胡椒(ブラックペッパー)

成熟した胡椒の実を皮ごと乾燥させたものです。
刺激的な辛味が特徴であり、肉料理をはじめ、多くの西洋料理に使われています。

ブラックペッパーのアロマ精油(効果・効能)

ブラックペッパーはコショウ独特の刺激的な香りが心と身体を温めて、全身の活力を高めてくれる精油です。血行をよくして筋肉のコリをとり、スポーツの後の筋肉痛をやわらげるほか、消化機能を整えて代謝機能をアップするため、肥満を解消してくれるともいわれていますも香り同様、刺激が強いので、マッサージに用いる場合は低濃度で様子を見ながら使うようにします。インドや中国では4000年以上も前から泌尿器疾患や肝臓病の治療に、中世ヨーロッパでは強力な殺菌・消毒作用を活かして食料の長期保存に使われていました。ほかにもホワイトペッパー、グリーンペッパーがありますが、ブラックが香りも強く、ポピュラーです。

ブラックペッパーのアロマ精油の主な作用

引赤作用、緩下作用、強メ士作用、駆風作用、解熱作用、健胃作用、刺激作用、消化促進作用、消毒作用、制吐作用、鎮けい作用、鎮痛作用、利尿作用

ブラックペッパーの体に対する働き

筋肉・神経 
①血流量を増大させ、局所的に温かくする作用があります。
②鎮痛・鎮痙作用があります。(手足の痛みと疲れ、筋肉の凝り、リウマチ、スポーツで筋肉を過度に用いる前)

消化器 
①健胃作用があり、唾液の分泌を促します。(食欲不振、嘔吐、消化不良)
②腸の蠕動運動を促します。(鼓腸、便秘)

循環器 
①体液循環を刺激します。(冷え性)
②毒素の排出を促します。(セリュライト、肥満防止)
③新しい血液細胞の形成を促進します。(貧血症)

呼吸器 
①加温作用と殺菌消毒作用により感染症のときに役立ちます。
       (インフルエンザ、悪寒、痰、カタル、咽頭炎)

体全体 
①身体を強壮します。(疲労したとき)②強心作用があります。③解熱作用があります。

ブラックペッパーの肌に対する働き

肌のトラブル 
①局所的に血液の流れを促し、温かくする作用があります。(挫傷、しもやけ)

「黒コショウ入り牛乳」で肌の保水力がアップする?

肌の保水力を高めるには細胞同士を接着する効果のあるカルシウム摂取を
 →牛乳に黒コショウを加えて飲む(牛乳200mLに黒コショウ小さじ2分の1)
 →カルシウム+黒コショウの辛み成分ピペリンが肌の連結を強める
 →黒コショウ入り牛乳を1日3杯、食間に飲んだ10日後、被験者の肌の保水率が上がった

バイオペリンとは? バイオペリン(黒コショウ抽出物)の成分と効果

バイオペリンは黒コショウから抽出された成分です。コショウはインド原産の植物の実をすりつぶしたもので、料理のスパイスとして親しまれています。ぴりっとした刺激と独特の香りがあり、肉料理などによく利用されます。バイオペリンは黒コショウから辛味成分ピペリンを抽出したもので、アメリカのサビンサ社の登録商標です。

バイオペリンの効果

血行促進・冷え解消
サプリメントの吸収率を上げる

黒コショウの辛味成分ピペリンには、血管を広げて血液の流れを促す作用があり、冷えや血行が悪い時におすすめです。血液の流れを良くすることで、代謝をアップさせ、脂肪燃焼にもつながります。

また、バイオペリンの独自の効果として「一緒に飲んだ成分の吸収率を上げる」というものがあります。バイオペリンと同時に飲んだビタミンB6は吸収率が60%も上がったとも言われ、効果が期待されています。ビタミンやミネラル、アミノ酸など、栄養素の効果を引き出すサプリメントとしても注目されています。

黒コショウに含まれる成分、ピペリンはターメリック〔熱帯ウコン〕のクルクミン効果を20倍高める。

黒コショウ由来の主なるアルカロイド、ピペリンが食品の栄養素の吸収を飛躍的に高める働きがあり、多くのメカニズムを通じて栄養物質を生物学的に利用し、その効能を高める働きがあります。

その働きとは、いくつかの酵素が、栄養物質の代謝をになう腸の粘膜のアミノ酸トランスポーターを刺激して細胞から物質の除去を抑制するとともに、それらが機能し続けられるよう腸の活動を緩やかにして体内に入った栄養素がより活性化できるようにします。

これらの作用の結果、栄養物質が細胞に入ると通常の場合より長い時間、標的細胞内に留まっている。ピペリンは、その生物学的利用能と細胞内滞在時間を増やす働きによって、わずかに有効な治療物質を非常に有効的なものに変えることができる。

例えば黒コショウとターメリックを合わせて摂取することで、癌の炎症や感染症に対し、クルクミンが20倍もの効能アップがはかられ、生物学的有用性が向上されるということです。

ブラックペッパー料理

1 2