1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

navarさん

おやじの背中(おやじのせなか)は、2014年7月13日から毎週日曜日21:00 - 21:54に、TBS系列の「日曜劇場」枠で放送予定の日本のテレビドラマ。キャッチコピーは「10人の脚本家と10組の名優が贈る、10の物語。」
鎌田敏夫、倉本聰、山田太一、三谷幸喜ら日本を代表する脚本家が脚本を手掛ける一話完結形式のオムニバスドラマ
引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%98%E3%81%AE%E8%83%8C%E4%B8%AD

10話 『北別府さん、どうぞ』 作・三谷幸喜

売れない役者の男(小林隆)は主治医(小日向文世)に自身の病状が良くない事を告げられる。その日の治療を終えた男は病院の廊下で偶然、息子(須田琉雅)を見つけると、見栄を張って自分の仕事は医者だとウソをついてしまう。息子から尊敬のまなざしを受けた男は調子に乗り、医者になりすまして息子と病院内を歩き回る。医者やナース(酒井若菜・木南晴夏)も巻き込んで大騒動となるが、そこに元妻(吉田羊)が現れて・・
引用:http://www.tbs.co.jp/oyajinosenaka/pmessage/vol10.html

「おやじの背中」は大物俳優ばかり主演だったが、市村さん主演だったのを三谷さんの思い付きで「これはコバさんしかいない!」と抜擢されたそう。周りもご本人も驚かれたそう。でも名演ピッタリ息子の前で医者のフリし喜ばせてしまい。面白くも切ない pic.twitter.com/654fhkg4Fb

今夜最終回の「おやじの背中シリーズ」、楽しみにしていた三谷幸喜脚本の〈北別府さん、どうぞ!〉~本来市村正親さん主演だったのが癌治療で、大抜擢されたのが名脇役の小林隆さんドラマ主役は初めてのこと。ノッケから明るい名演技で既に楽しい♪ pic.twitter.com/siYUJyW6In

TBS『おやじの背中〜北別府さん、どうぞ』 あと、3時間後に放送です! 撮影現場で、北別府さんとの一コマ。 pic.twitter.com/m2MYDNGGAD

9話『父さん、母になる! ? 』 作・井上由美子

大企業に勤める仕事一筋の父(内野聖陽) が突然会社を辞め 「主夫になる」と宣言した。父のコネが頼みだった就活中の息子(神木隆之介) も、家の為に仕事の昇進を断った母(夏川結衣) もこの主夫宣言に呆然となった。楽ができると思い主夫になった父だったが、初めての料理洗濯や近所付き合いは全く上手くいかず悪戦苦闘の日々が始まった。一方、息子も就活に難航していたが、父の退職に理由があると気付き始めて…。
引用:http://www.tbs.co.jp/oyajinosenaka/pmessage/vol09.html

しかも彼女いるの否定しなかったね!?お願いだから結婚するまでは隠し通して下さいいいぃ貴女様が就活しなくていいようわたしたちが応援してますからぁあああぁ さぁ、おやじの背中 の時間です pic.twitter.com/dkNc6ra1D2

8話『駄菓子』池端

駄菓子を愛してやまない春部真(大泉洋)は、駄菓子へのこだわりが原因で会社を転々とし、妻にも逃げられた半人前の父親だった。だが真が作った駄菓子は、息子の湊(田中奏生)の友達にはいつも好評で「お前の父さんは天才だ」と褒められる…。息子にとっては自慢の父親だった。ある日新しい就職先を探す真は、食べ比べをして一番美味しいと感じた駄菓子の会社を訪ねる事にした。そこで社長の羽柴浩太郎(塚本高史)と出会って…。
引用:http://www.tbs.co.jp/oyajinosenaka/pmessage/vol08.html

奏生くんOh my dadのころから めっちゃ大きくなったんだね! おやじの背中っていうやつ。 pic.twitter.com/6q5Cdkcgoh

7話「よろしくな。息子」脚本・山田太一

10回にわたり、毎回異なる脚本家による1話完結のオリジナルストーリーをおくる。第7回「よろしくな。息子」は、見合いをして断られた靴職人の男性(渡辺謙)が、見合い相手の女性の息子(東出昌大)を一目見ようとして、思わぬ事態に発展する姿を描く。脚本・山田太一、演出・清弘誠。 祐介(東出)がアルバイトをするコンビニに深夜、強盗が現れる。だが、マスクをして出刃包丁を突き出した中年の女性・桂(柴田理恵)は、気が動転していて祐介に「金を出せ」とも言えない。その様子を見ていた客の浩司(渡辺)は警察を呼ぼうとするが、祐介は二度と強盗などやらないと約束させ、桂を解放する。後日、祐介は浩司に呼び出される。コンビニでの祐介の行動が見事だったと称賛する浩司は、祐介とじっくり話がしたいという。祐介はそれだけの用件かといぶかるが、実は浩司が最近、母・泰子(余貴美子)と見合いをし、断られた男性だと分かる。浩司は気持ちの整理がつかず、泰子の息子に一目会いたかったという。しかし、話をするうちに浩司は祐介に、自分が一生をささげてきた靴作りを継がないかと言いだす。
引用:http://www.tbs.co.jp/oyajinosenaka/pmessage/vol07.html

渡辺謙さんと東出昌大さん共演、親父の背中まで後少しだぁ(*ノ∀`*) 「おやじの背中」第7話 渡辺謙&東出昌大がドラマで“将来の親子”を好演 - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140823-… pic.twitter.com/ItDZaoPgb0

6話「父の再婚娘の離婚」脚本・橋部敦子

10回にわたり、毎回異なる脚本家による1話完結のオリジナルストーリーをおくる。第6回「父の再婚、娘の離婚」は、妻を亡くし、定年退職で第一線から退いた父親(國村隼)と、夫との結婚生活に溝が生まれて疲れ切った娘(尾野真千子)の微妙な関係と愛情を描く。脚本・橋部敦子、演出・竹園元。 妻を病気で亡くして4年がたった典久(國村)は、勤め上げた会社を定年退職、再就職しているが、仕事に満足はしていない。一方、典久の一人娘・七海(尾野)は、俳優の大悟(桐谷健太)と結婚生活を送っている。だが、大悟はアルバイト暮らしで、家計は信用金庫に勤める七海が支えていた。ある日、亡き妻の法要の席で、典久は今の会社を辞めたと言い、さらに「婚活」をすると宣言する。その後、七海と大悟がうまくいっていないと察した典久は、勤め先で七海を待ち伏せ、彼女を問い詰める。答えをはぐらかす七海に対し、典久は諦めずに娘を心配し続け、二人は激しい言い争いを始める。やがて、七海は、典久がパーティーで知り合った芳子(中田喜子)と一緒にいるところを目撃する。
引用:http://www.tbs.co.jp/oyajinosenaka/pmessage/vol06.html

尾野真千子 http://matome.naver.jp/odai/2137843061603983301
國村隼
桐谷健太 http://matome.naver.jp/odai/2138227197634116701
本田博太郎
中田喜子
橋部敦子

5話「ドブコ・父さんは悪役スター」木皿泉

10回にわたり、毎回異なる脚本家による1話完結のオリジナルストーリーをおくる。第5回「ドブコ」は、悪役専門の俳優である父親(遠藤憲一)と女性警察官の娘(堀北真希)との心温まるエピソードを描く。脚本・木皿泉、演出・北川雅一。 正(遠藤)は悪役専門の俳優で、一番の当たり役は仁侠(にんきょう)映画での「ドブネズミ」と呼ばれる役だった。正の娘・三冬(堀北)は、小学生の頃、友達からドブネズミの娘であることから「ドブコ」というあだ名で呼ばれていた。その頃からの親友で、三冬と同じ警察官のマサル(溝端淳平)が突然、三冬に友人関係を解消したいと切り出す。結婚を控えたマサルは、昔から三冬と仲が良いという理由で、婚約者の静香(谷村美月)から、三冬を結婚式に招待することも友人であることもやめてほしいと言われていた。数日後、正は三冬に内緒でマサルを警察署から呼び出し、マサルの一方的な「別れ話」に文句を言う。だが、この行動を知った三冬は、頼みもしないのに余計なことをしたと正を責める。その後、子供相手に遊んでいた正が突然、倒れる。三冬は、いつものように演技だと無視するが、正は意識を失っていた。
引用:http://www.tbs.co.jp/oyajinosenaka/pmessage/vol05.html

堀北真希ちゃんおやじの背中『ドブコ』インタビュー‼︎ 動画はUPできなかったので、画像にしました。 pic.twitter.com/rYM65d72Rh

1 2 3 4