1. まとめトップ

気軽に楽しくフィットネス! 水泳ダイエットで痩せる方法

水泳ダイエットは痩せないというイメージがありますが、そんなことないんです。これからの夏、涼みがてら楽しく泳いでみませんか!?

更新日: 2014年08月11日

scottieeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 4648 view
お気に入り追加

ホントなの?水泳では『やせない』って

水泳は「プール温度が低いから脂肪を溜めやすくなる」 などの理由で痩せないと認識されている方がいます。
中には「体が水を吸収するから痩せない」などの説も。
はたして、どうなのでしょうか?

もちろん、答えはバツ!水泳は運動の中でもカロリー消費が高い部類に入ります。
運動の強さや消費カロリーで見るととても高いことが分かります。

結論!「水泳はやせるスポーツです」

【1】水中の浮力で足腰(特にヒザ)に負担がかかりにくい

体重が重い人は足腰、特にヒザを痛めてしまいがちですが、水中の浮力で負担が軽減ざれます。

【2】自分のかけた力しか、負荷がかからない

重いものを持つ、ボールを打つなど強い加重や衝撃を受けると関節や筋肉を傷めることがありますが、水泳は水を相手に、自分の力でかけた負荷で運動するので、傷めることが少ないです。

【3】水の抵抗で運動効果アップ

陸上での動作に比べ、水中での動作は水の抵抗があるので同じ動作でも運動効果がアップします。

【4】汗ばんで運動がイヤにならない

運動で汗をかくのが不快に感じる方や、汗のニオイが気になる方も水泳なら快適。

【5】利用料を払ったからにはある程度頑張れる

プールを利用するにはスポーツクラブなど月額の利用料を払うことが多いですが、「元を取らなきゃ損!」と通うモチベーションにもなります。
また、 家での運動だと「もういいや」と計画よりも早く切り上げたり、挫折してしまいがちですが、施設に行ったら「せっかく来たんだから」と、頑張る事ができます。

【6】水中の感覚が気持ちよくストレス解消

水泳の醍醐味は何といってもイルカになったような気分。
重力から解き放たれたような感覚や、肌をすべる水の気持ち良さはストレス解消にも、もってこいです。
もちろん、ダイエットに大切な「全身運動」「有酸素運動」であることも、水泳をオススメするポイントです。

1





scottieeさん