1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

lyam-giさん

カスパー・ハウザー

カスパー・ハウザー(Kaspar Hauser、1812年4月30日? - 1833年12月17日)は、現在においても未だその正体と背景が不明なままのドイツの孤児。16歳頃に保護されるまで長期に渡り地下の牢獄に閉じ込められていたため、その性質からしばしば野生児に分類される。

聖霊降臨日の翌日の1828年5月26日、ニュルンベルクのウンシュリットプラッツ(Unschlittplatz)で16歳程の少年が発見される。彼はものを訊ねられたがほとんどまともに言葉を話せず、警察に連れてゆかれた。少年はそこで紙と鉛筆を渡され「カスパー・ハウザー」という名前を書いた。

様々な質問に対し、少年はただ「ヴァイス・ニヒト(ワカラナイ)」とだけ機械的に応答するのだった。

少年のまだ幼い足にはたくさんの水ぶくれが出来ているのに気づいた。また通常、人間の膝裏は折り曲げるためにくぼみになっているが、少年の足はまるで、これまで一度も足を曲げた事がないようにピンとまっすぐ伸び、むしろ反対側へとわずかに湾曲しているようにすら見えた。

謎の手紙

1通目:「隊長殿へ 閣下の軍隊を志望する若者を隊長殿のもとへ送ります。この子は1812年10月7日に私の元に来ました。この子の母親は私にその養育を頼んできたのですが、しかし、私には他に子供もおり、育てる余裕がありません。また、私はこの子を一度も家の外に出したことがありませんでした。」

2通目:「(この手紙が1通目と同一人物によるものなのかは定かではない。)この子供は洗礼を受けています。名前はカスパー。あなたがこの子に姓を与えてください。この子の父親は騎兵でした。彼が17になったら、ニュルンベルクの第六騎兵隊に参加させてください。それはこの子の父親がいた部隊です。この子は1812年4月30日に生まれました。私は貧乏で、この子の面倒を見ることができません。この子の父親は既に亡くなっています。」

少年が唯一書いた文字は「カスパー」そして「ハウザー」。
それ以来、この不思議な少年は「カスパー・ハウザー」という名で知られるようになった。

特徴

彼が16歳で表に出るまで暮らしていた場所は奥行き2㍍、幅1㍍。窓はなく、立ち上がることができないほど天井が低かった。彼はその場所を「オリ」と呼んでいた。

また床は汚れていて、寝床代わりに干し草だけがつまれていた。毎朝目を覚ますと、決まって床にパンと水が置かれていた。しかし彼はそれが誰かの行いではなく、自然のことだと思い込んでいた。それもそのはず、その部屋にいた十数年の間、彼と外部との接触は皆無、人間としゃべることは決してなかった。そしてもちろん、カスパーには世間も友達もなく、その暗く四角い部屋だけが彼にとっての、全世界だったのである。

彼の保護者で養育者でもあった法学者アンゼルム・フォイエルバッハによると、カスパーは当初、肉や牛乳は口にしても吐いてしまい、パンと水だけを採ることができた。さらに本人は鏡の中の自身を捕らえようとするなど、通常の人間らしさを失っていたという。

カスパーは引き取り手もないまま、警察が犯罪者を収容する目的で作られた小さな塔の中で暮らすことになった。

コーヒーやビールといったものに対し、異常なまでの拒否反応を示した。それらが部屋に運び込まれただけでカスパーは気分が悪くなってしまうのである。ワインにいたってはその匂いだけで酔ってしまうほど敏感だったという。

彼は真っ暗な中で聖書を読むという実験を成功させ、見事その能力が本物であることを実証したという。

驚くべき成長

カスパーの知能はその年齢の通常の人並みに達し、言葉を流暢に喋るようになっていたのである。

顔つきも初めの頃と比べて随分と高貴なものへと変化していったのである。

そして、ある奇妙な噂が流れ出したのはそのころからである。彼の外見が貴族のバーデン公と驚くほど似ているという噂が流れ始めたのだ。

暗殺

クリスマスを目前にした1833年12月14日、運命の日は訪れた。
スパーはメイヤー博士のリビングルームで多量の血を流して倒れているのが発見された。駆けつけたヒッケルに対し、カスパーは朦朧とする意識の中でこう呟いたという。

男が…刺した…ナイフ…公園で…財布を……すぐに行け…」

その後警察がすぐにカスパーが刺された公園に向かうと、そこには「逆書き」でメッセージが書かれた財布が落ちていたのだ。

「カスパー・ハウザーは俺がどんな顔で、どこから来たか、そして誰なのか知ってるはずだ。あるいは、奴に聞く前に俺が誰だか教えてやろう。俺はバヴァリア国境の、川の側から来た男だ。俺の名はM・L・Oとだけ言っておく。」

結局、カスパーはそれから3日後に死亡した。享年21歳の、彼の最後の言葉は「自分でやったんじゃない」というものだったという。

バーデン大公後継者だったのか?

カール・フリードリヒ(Karl Friedrich, 1728年11月22日 - 1811年6月10日)は、バーデン=ドゥルラハ辺境伯(在位:1738年 - 1771年)、バーデン辺境伯(在位:1771年 - 1803年)、バーデン選帝侯(在位:1803年 - 1806年)、初代バーデン大公(在位:1806年 - 1811年)。バーデン=ドゥルラハ辺境伯カール3世の次男フリードリヒとオラニエ公ヨハン・ウィレム・フリーゾの娘アマーリエの子として、カールスルーエで生まれた。

1 2