1. まとめトップ

暑い夏でもバイクに乗りたい! 2014最新バイク用エアコンウエアがすごい!!

暑い夏でもバイクに乗るための、様々なスタイルの最新バイク用エアコンウエアをまとめました。水を使ったニュースタイルウエア、海外からきたエアコン方式、リーズナブルなベストタイプなど徹底比較しています。

更新日: 2014年07月15日

5 お気に入り 31222 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

waiwai2207さん

とても暑い夏こそ快適にバイクに乗りたいものです。。。

夏でも安全のためにプロテクター等の装備は必須ですが、エアコンウエアが進化していました。

ウエア内に冷却水を循環させて冷却するシステム。バイク用エアコンウエア。

”ニッポンを冷やそう!”をキャッチフレーズにしたブランド「クールスマイル」は(発案者:中西雄三)3.11の震災をきっかけに発案されました。”ニッポンを冷やそう!”にこめられた想いは”復興と元気になれる日本”にあります。

なんと震災を機に発案されたとか、、、

BMW K1200Sのタンデムシートに装置が鎮座しています。

予定価格は19万8,000円。

コンセプトもすごいが、
サイズと値段もすごい!!!

大阪のベンチャー企業・クールスマイルが開発したもの。同社によると、CS501Bは「世界初の冷凍エンジン搭載の電気式持続性二輪車用冷凍水冷式クーラーエアコン」とのことで、専用スーツの内部に冷却液を循環させることで体を冷やすことが可能です。

スーツは薄手の仕上がりとなっているために装着性も高く、バッテリーから電力が供給されている間は冷却性能が持続。実際に気温35℃の条件で実験した際には、循環水温15℃(体感温度20℃)を維持できたとしています。

冷却液を貯めるタンクも後部座席に簡単に固定可能となっており、スーツへのパイプ取り付けもワンタッチ。機械に詳しくなくとも取り扱いが出来るようです。

海外にも冷却水でなく冷風を使ったエアコンウエアがありました!

システムの大きさは、CS501と同じくらいでしょうか。
冷風なのでダクトが太いですね。

冷却ユニットは非常にコンパクトですね。

ウエアはインナーベストタイプ。

ハンドルマウントのコントロールユニットが秀逸です。

担いで持ち運べるのは良いですね。

価格はUS1,500ドル!!!

やはりお値段は高いです。

すごい! 良さそうなのは分かったけれど、やっぱり高い!

という方には、、、

特別価格:13,000円(税抜)

エアコンウエアに比べると断然安い☆

Q: どのように冷却するの?
A: ベスト内部の素材に吸収された水分が少しずつ蒸発、気化熱効果で温度を下げます。

Q: 何度ぐらい下がりますか?
A: 外気温に左右されますが、5℃~15℃の冷却効果があります。

Q: 効果的に使用するには?
A: このベストは気化熱効果を利用して冷却するシステムです。冷却効果は湿度と風に左右されます。日本の夏は湿度が高いので(80%以上)、フレッシュな風を取り入れるように工夫することが効果的な方法です。
ベストを着用したときは、冷たさを感じることができます。着用後は体がベストの温度に慣れてきますので、徐々に冷たさを感じることはなくなります。ただしそれは体がベストの温度に慣れてきただけであり冷却効果は持続しています。(たとえばプールに入るとき、最初は水の冷たさを感じますが、時間が経つと最初に感じた冷たさはなくなりますよね?それと同じです。)

汗をかいてバイクに乗るとひんやりする感覚に近いのでしょうか。

温度低下の実験もしっかり行われていますね。

昔はただウエアにファンがついただけの物しかありませんでしたが、最新ウエアは水などをうまく使って冷やしていますね。

値段もスタイルも様々ですが、夏に向けて涼しいバイクライフを送りたいものです。

1 2