1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

lyam-giさん

20位 ニュージーランド

ニュージーランド(英語: New Zealand)は、南西太平洋のオセアニアのポリネシアに位置する立憲君主制国家。島国であり、二つの主要な島と、多くの小さな島々からなる。北西に2,000km離れてオーストラリア大陸(オーストラリア連邦)と対する。南方の南極大陸とは2,600km離れている。北はトンガ、ニューカレドニア、フィジーがある。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国である。

一般的には、ニュージーランドは、比較的安全な国と言われています。しかし、その考えは、忘れた方が無難です。
車上荒しも家に入る泥棒も逮捕される事は、殆どありません。泥棒の被害に遭った話は、良く聞きますが、泥棒が捕まったと言う話は、聞いたことがありません。

強姦も多いです。強姦の場合は、殺される可能性が高くなります。
1998年9月に日本人の若い女性がオークランドのCityのビルの中から死体となって発見されました。強姦殺人でしたが、犯人は未だに捕まっていません。  
麻薬などは、若い人などが平気で良くやっているようですが実態は分かりません。

19位 台湾

台湾(たいわん、中: 臺灣、台: Tâi-oân / タイワン、英: Taiwan)は、アジア大陸の東南沿海、太平洋の西岸に位置する島嶼である。別称または美称としてフォルモサ(ポルトガル語: Formosa, 麗しの島)がある。また台湾という呼称にはいくつかの使われ方があり、その歴史や政治状況を反映して、広義には地域または政治実体としての呼称としても用いられる

自然災害に遭う確率が高いそうです。確かに台風はしょっちゅう台湾を掠めています。また、日本同様、地震多発国でもあります。

安全そうな台湾ですが、数十年前はタクシー運転手の日本人女性(大学生)殺人事件、数年前も強姦事件がありました。

18位 オーストラリア

オーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、英語: Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オセアニアに位置する連邦立憲君主制国家。南東にはニュージーランド、北には、インドネシア、パプアニューギニア、東ティモールがある。ロシア、カナダ、中国、米国、ブラジルに次ぐ世界で6番目に面積の大きい国である。英連邦加盟国であり、英連邦王国の一国。

オーストラリアも農夫などは銃の所持(あくまでも害獣駆除用ですが)が認められており、道路沿いの標識に銃創を見る事も少なくない。

フーネル・ウェブ・スパイダー・タイガースネーク・セアカゴケグモ 等の危険生物も多く生息している。

17位 ドミニカ共和国

出典dlift.jp

ドミニカ共和国(ドミニカきょうわこく、スペイン語: República Dominicana)は、西インド諸島の大アンティル諸島のイスパニョーラ島東部に位置する共和制国家。大アンティル諸島で二番目に大きな島であり、同島西部にあるハイチと国境を接する。モナ海峡を隔てて東にプエルトリコが、ウィンドワード海峡を隔てて西にキューバと、ジャマイカ海峡を隔ててジャマイカが存在する。首都はサントドミンゴ。

ドミニカ共和国では,年間30件前後の誘拐事件が発生しており,外国人が被害となる事件も発生しています。また,富裕層だけに被害が限られておらず地方都市でも事件が発生しています。これらの事件には,強奪を目的とした短時間誘拐(拉致)も含まれています。

また、北アメリカと中南米の麻薬の中継基地でもあります。

16位 ベネズエラ

ベネズエラ・ボリバル共和国(ベネズエラ・ボリバルきょうわこく)[1]、通称ベネズエラは、南アメリカ北部に位置する連邦共和制社会主義国家である。東にガイアナ、西にコロンビア、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海、大西洋に面する。首都はカラカス。南米大陸でも指折りの自然の宝庫として知られている。

いわずと知れた麻薬大国。ラテンアメリカでは3位の殺人率を誇ります。
ベネズエラでは誘拐事件が多発しており,治安機関が認知した2012年の発生件数は576件でした。カラカス首都区では,誘拐事件は1日平均約4件発生しているとの警察の非公式データもあります。

また、隣国コロンビアと緊張状態にあります。

15位 コートジボワール

コートジボワール共和国(コートジボワールきょうわこく)、通称コートジボワールは、西アフリカに位置する共和制国家。東にガーナ、北にブルキナファソ、マリ、西にギニア、リベリアと国境を接し、南は大西洋に面する。法律上の首都はヤムスクロ(ただし、実質上の首都機能は旧首都のアビジャンが担っている)。かつて日本では「象牙海岸共和国」と呼ばれていた。

コートジボワール西部地域の犯罪集団は日常的に住民を襲撃。住民が自宅にいる時、農地で働いている時、市場に向かっている時、村から町へ移動している時など、襲撃はいつでも行われている。村の女性たちが品物を売買するために集まる毎週の市場開催日に襲撃はピークに達する。また、11月から3月にかけてのカカオ収穫時期も同様だ。

14位 グルジア

グルジアは、西アジア北端、南コーカサス地方に位置する共和制国家。旧ソビエト連邦の構成国のひとつで、1991年に独立した。首都はトビリシ。東ヨーロッパに含められることもある。南オセチアとアブハジアが独立状態となっており、ロシアなど一部の国から承認を受けている。

駅周辺にはギャンブル系の店が非常に多い。そのせいか若い輩連中による観光客を狙ったナイフ強盗が多発している。
 2008年に南オセチア紛争が起こったのは記憶に新しいところです。

13位 ジンバブエ

ジンバブエ共和国(ジンバブエきょうわこく)、通称ジンバブエは、アフリカ南部の共和制国家。首都はハラレ。アフリカ大陸の内陸部に位置し、モザンビーク、ザンビア、ボツワナ、南アフリカ共和国に隣接する[4]。2002年に加盟資格を停止されるまでイギリス連邦の加盟国であった。

深刻な貧困問題。
エイズの末期患者、結核、ヘルペスやその他の感染症患者が多く、男性同士のセックスはHIVの感染確率が高いです。

12位 コンゴ

1 2 3