(2010年)4月の診療報酬改定の際に、厚労省は「投薬は本来直接本人を診察した上で適切な薬剤を投与すべきであるが、やむを得ない事情で看護に当たっている者から症状を聞いて薬剤を投与した場合においても、再診料は算定できるが、外来管理加算は算定できない。また、多忙等を理由に、ウに該当する診療行為を行わず、簡単な症状の確認等を行ったのみで継続処方を行った場合にあっては、再診料は算定できるが、外来管理加算は算定できない。」と通知しています。さらに医療機関からの問い合わせに対して、「いわゆるお薬受診では外来管理加算が算定できないことを念入りに表現した。」と回答しています。
 
お役所らしい難解な言い回しではありますが、要するにおくすり受診は厚労省も認めているわけです。しかも本人でなくてもよいのです。ただし、一定の要件を満たす必要があります。

出典おくすり受診 | 川本眼科 | 白内障 | 緑内障 | コンタクトレンズ | 名古屋市南区

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

時間がない…でも「薬だけ下さい」はNG!正しい病院ルール

症状は同じだし、お薬だけ無くなっちゃったので処方箋かお薬だけ欲しい…。と、思ったことありませんか?それはNGなのです。理由まとめ。

このまとめを見る