1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

長寿国「日本」の大きな課題!健康寿命って?

世界一の長寿国「日本」ですが、このまま平均寿命が今後延びていっても、健康寿命との差が解消できなければ、医療費・介護費等の増加につながるという。

更新日: 2014年07月15日

76 お気に入り 30506 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sun3355さん

「健康寿命」という言葉の認知度は3割程度と低く、健康に何らかの不安を抱く人も約6割いるようです。

2014年版の厚生労働白書の原案が明らかになった。

14年を「健康・予防元年」と位置づけ、医療費抑制の観点から、介護などを受けずに自立して生活できる期間である「健康寿命」を延ばすことの重要性を強調した。白書は8月上旬に閣議で報告された後、厚労省が公表する。

原案では、厚生労働行政が、平均寿命を延ばすことから「健康寿命」を延ばすことに変化してきたことを紹介。

健康寿命とは?

世界保健機関(WHO)が15日発表した2014年版「世界保健統計」によると、12年の日本人の男女合わせた平均寿命は84歳で前年に続き世界最長となった。

健康寿命とは、健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間のことです。平均寿命から健康寿命を引くと、男性は約9年、女性は約12年となります。

背景

「平均寿命」が延びても病気や介護の負担は上昇し、健康寿命に悪影響を与える因子として、運動器(骨・関節・靱帯・筋肉・神経などの人体構成組織)の要支援・要介護状態などがある様です。

日常生活に支障のない「健康寿命」と「平均寿命」との間に存在する“不健康な期間”の存在である。

2010年のデータでは、「平均寿命」と「健康寿命」の差は、男性は9.13年、女性は12.68年。誰もがこの通りになるというわけではないが、今は元気であっても、これだけの長期間を不健康なまま過ごすリスクが未来に横たわる。

がんや循環器病などの「生活習慣病」が増加し、疾病構造は大きく変化してきた。

最近では、「寝たきり」や「痴呆」のように、高齢化に伴う障害も増加している。これらの疾患は生命を奪うだけでなく、身体の機能や生活の質を低下させるものも多く、予防や治療においては、日常生活の質の維持も重要な課題の1つとなっている。

病気になることや重症化を予防することで、健康寿命を延ばし、医療費を抑えるのが狙いということですね。

日常の健康づくりや、特定健診(メタボ健診)の受診率を上げ、健康寿命を延ばすことで、「結果的に、医療・介護費用の増加を少しでも減らすことができれば、国民の負担軽減、社会保障の持続可能性も高まる」

医療費の削減が狙い

健康上の問題だけでなく、医療費や介護費などの増大の影響が懸念されている様です。

2011年度に病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた医療費の総額(国民医療費)が、前年度比1兆1648億円増(3.1%増)の38兆5850億円だったと発表した。国民1人当たりでは9700円増(3.3%増)の30万1900円で、30万円を初めて突破。

年齢別では、65歳以上の医療費が21兆4497億円で全体の55.6%を占めた。75歳以上に限ると13兆1226億円で34.0%だった。

平均寿命が今後延びていっても、健康寿命との差が解消できなければ、医療費・介護費等の増加につながるのは必至だ。

要介護2 以上の認定者減少分が、すべて認定なしに移行した場合、介護費・医療費の削減額は年間5,291億円になると試算されている。

高齢者の生活の質を維持しながら、伸び続ける医療や介護の費用を抑えるためには、「健康寿命」を伸ばすことが重要だとしています。

健康寿命を延ばすことを呼びかける、「Smart Life Project(スマート ライフ プロジェクト)」

Smart Life Project(スマート ライフ プロジェクト)」では、生活習慣の改善を提案しており、Smart Walk「適度な運動」、Smart Eat「適切な食生活」、Smart Breath「禁煙」の3つのアクションを行なうように推奨している。

スマートライフプロジェクト:
http://www.smartlife.go.jp/

「スマート・ライフ・プロジェクト」は、幅広い企業や団体との連携を主体とし、平成22年度からスタート。

「適度な運動」「適切な食生活」「禁煙」という3つのテーマで、具体的アクションへの認知と理解向上を目指してきた。平成25年度からは、新たに「健診・検診の受診」をテーマに加え、健康寿命延伸に向けたさらなる普及活動を行っているという。

「Smart Life Project」が提案する3つのアクションは以下のようなことです。

1)「適度な運動」~毎日10分の運動を。例えば、通勤時に苦しくならない程度の早歩き。

2)「適切な食生活」~日本人は1日およそ250gの野菜を摂っていますが、これにプラス100gの野菜を。そして、朝食をしっかり摂る。

3)「禁煙」~喫煙は健康寿命を縮める要因となります。

1